エアソフト&オリエンテーリング、ポーランド「GF POINT 2015」ティーザー動画公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
2015年1月16、17日に、ポーランドの超広大な敷地で開催されるエアソフターを対象としたフィールドゲーム『 GF POINT 2015 』のティーザー動画が Youtube「Gunfire」公式チャンネルで公開された。

「GF POINT」は、平原、山、崖、トンネル、地下水路などを有する超広大な敷地を利用して行われるフィールドゲームで、ポーランドの都市:ヴロツワフの近郊にあるスポーツ・レクリエーション施設で毎年行われている。毎回多くのエントリーがあり、地元ポーランドではカルト的人気を誇っているようだ。

エアソフトガンを用いるが、日本ではお馴染みのサバイバルゲーム形式(フラッグ戦など)とは異なり、地図を頼りにフィールドを進み様々なアトラクションをクリアしながら得点を稼ぐスコア・オリエンテーリング形式のゲームである。

チェックポイントには、ラペリングなどのロープを使ったアトラクションや、地雷を模した障害物コーナー、廃墟を利用したCQB風の射撃コーナーなど、自然と人工物を巧みに利用した本格的なアウトドアゲームとなっている。

G&G や Umarex のエアーソフトガンなど多数の賞品が準備されている。

参考動画:
2014年の模様

2013年の模様

2012年の模様

オフィシャルホームページ http://www.gfpoint.pl/
フェイスブック https://pl-pl.facebook.com/events/1493259197608027/

Gunfire 2014/12/12
Text: 弓削島一樹 - FM201412

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管
    シュアファイア社が買い求めやすくなった「2211シグネチャー・リストライト」を発売
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売 (2017-09-21 19:28)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管 (2017-09-20 19:52)
     シュアファイア社が買い求めやすくなった「2211シグネチャー・リストライト」を発売 (2017-09-20 16:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop