NEWS

DARPA、敏捷な自立型 UAV の開発計画を公示

海外軍事
米国防総省の国防高等研究計画局 (DARPA) は 2014 年 12 月 22 日、建物内での使用を念頭に置いた、俊敏な小型の無人航空機 (UAV) の開発に関する公示 (BAA, Broad Agency Announcement) を発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    この計画は Fast Lightweight Autonomy (FLA) と名付けられており、主に戦闘地域や地震や洪水などの災害に遭った地域などにある、建物の中の偵察に使うことが考えられているという。従来、こうした場所の偵察は、遠隔操縦された UAV によって鳥瞰図 (ちょうかんず) を得ることしかできなかったが、建物内まで偵察できるようになれば、作戦や作業に従事する軍や民間人の危険性を減らすことができると期待されている。
    FLA プログラムでは、部屋や階段、廊下、または他の障害物がある環境の中でも、迅速にナビゲートすることを可能にするアルゴリズムを作り出すことを目標にしているという。UAV の飛行速度は秒速 20 m を目標とし、操縦者を必要とせず、また GPS も使わずに自律して飛行できることなどが条件として定められている。

    最終的には鳥や昆虫のような小型の UAV を開発したいとしているが、FLA プログラムで開発された成果は、陸上や海面、海中で動く無人機へも応用できるだろう、とのことである。

    DARPA 2014/12/22
    Text: 鳥嶋真也 - FM201501

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop