NEWS

米特殊作戦軍 (SOCOM)、新しいUAVの契約者を探す― C4ISR & Networks

海外軍事
C4ISR & Networks は 2014 年 12 月 30 日、米特殊作戦軍 (SOCOM) が、中距離の無人航空機 (UAV) の供給と管理を担う、新しい契約者を探していると報じた。2015 年初頭にも提案が行われるという。

計画名は MEUAS III (Medium Endurance Unmanned Air System) と呼ばれているという。ただし、契約の詳細については明らかにされていないとされる。
SOCOM では 2013 年 2 月から、ボーイング社の子会社であるインシツ社から供給されたスキャンイーグル (ScanEagle) をインテリジェンス、監視、偵察(ISR) ミッションに使用している。同社との契約は 25 か月間で、今回の新しい契約は、この契約に続くものになるという。

C4ISR & Networks によれば、SOCOM ではかつて、オーストラリアのエアロゾンデ社が製造するエアロゾンデという UAV を使用していたが、推進システムに問題があったことからスキャンイーグルに切り替えたという経緯があるという。

C4ISR & Networks 2014/12/30
Photo: Scan Eagle / Insitu
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop