NEWS

Su-35 とユーロファイター・タイフーンの比較―ロシア国防省の見解

海外軍事
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』で 2 月 2 日、ロシア連邦軍の戦闘機 Su-35 と、欧州の戦闘機ユーロファイター・タイフーン (Eurofighter Typhoon) を比較する動画が公開された。
動画では、両機の迫力ある映像と共に、軍事評論家のViktor Litovkin氏による解説が行われている。

SU-35 は Su-27 を基に開発されたマルチロール戦闘機で、推力偏向ノズルを持ったエンジンや、強力なレーダーなどを特長としている。現在ロシア空軍への配備が進められている他、他国への輸出も行われる予定となっている。

一方のユーロファイター・タイフーンは、英国、ドイツ、イタリア、スペインによって共同開発されたマルチロール戦闘機で、他国の機体と比べて、戦闘機としても攻撃機としても比較的高い性能を持つ。2003 年から運用が開始され、現在も改良型の配備が進められている。

tvZvezda 2015/02/02
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop