NEWS

Su-35 とユーロファイター・タイフーンの比較―ロシア国防省の見解

海外軍事 Comments(0)
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』で 2 月 2 日、ロシア連邦軍の戦闘機 Su-35 と、欧州の戦闘機ユーロファイター・タイフーン (Eurofighter Typhoon) を比較する動画が公開された。
動画では、両機の迫力ある映像と共に、軍事評論家のViktor Litovkin氏による解説が行われている。

SU-35 は Su-27 を基に開発されたマルチロール戦闘機で、推力偏向ノズルを持ったエンジンや、強力なレーダーなどを特長としている。現在ロシア空軍への配備が進められている他、他国への輸出も行われる予定となっている。

一方のユーロファイター・タイフーンは、英国、ドイツ、イタリア、スペインによって共同開発されたマルチロール戦闘機で、他国の機体と比べて、戦闘機としても攻撃機としても比較的高い性能を持つ。2003 年から運用が開始され、現在も改良型の配備が進められている。

tvZvezda 2015/02/02
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop