NEWS

ロシア国営メディア、ウクライナ東部 Uglegorsk を占拠したドネツク人民共和国の動画を公開

海外軍事
RT(旧称:ロシア・トゥデイ ロシア政府が所有する実質上の国営メディア)はウクライナ東部にあるuglegorskを占拠したドネツク人民共和国((英:Donetsk People's Republic (DPR ))の動画を公開した。
ノヴォロシア章や親露派のシンボルとなったゲオルギーリボンを着用し、様々な迷彩服や装備を着用しているのが確認できる。一部の兵士はロシア連邦軍で支給される装備を身に付けている。この映像では装甲車や戦車を駆使し攻略を進めていく姿は、彼らが単なる一過激派ではなく、軍として活動していることが伺えるものである。また特筆すべき情報としてはロシア連邦軍や内務省で見られる白い腕章が確認できる、これは包帯ではなく敵味方の識別サインである。義勇兵という名目で活動しているというロシア連邦軍兵士が、ドネツク人民共和国兵士に教えた可能性も否定はできないものである。

紛争が激化し、最早停戦合意も消え失せた状況である東部ウクライナ紛争ではあるが、ウクライナ・ロシア・フランス・ドイツによる4カ国首脳がウクライナ情勢をめぐり、ベラルーシのミンスクで11日に首脳会談を開くことが決定し、再度の停戦合意がされるか不明瞭な状況が続いている。

RT 2015/02/04
Text: WT83 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か
ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定
アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
 アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か (2017-04-20 13:24)
 ダーイシュ(IS)指導者バグダディ容疑者の身柄をロシア特殊部隊が捕縛?!独り歩きした噂をロシアが否定 (2017-04-20 12:33)
 アメリカ陸軍特殊部隊の生誕30周年を記念する動画が公開 (2017-04-19 17:56)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop