NEWS

カナダ軍向け新型アサルトライフルの開発コンセプト

海外軍事
カナダで次世代アサルトライフル構想のプロトタイプ開発が進められている。
開発を担うのは、カナダ版 DARPA、防衛省研究開発センター (DRDC: Defence Research and Development Canada) とコルト・カナダ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    2009 年以来、DRDC ではカナダ軍 (CAF: Canadian Armed Forces) 向けに「兵士統合精密効果システム (SIPES: Soldier Integrated Precision Effects Systems) 」計画の下でプロトタイプ開発を進めてきた。火力増強と射撃精度の向上に、指揮統制(Command and Control, C2)ネットワークを統合させたアサルトライフル開発をおこなっており、都市部や山岳地帯、ジャングル、砂漠、極寒地など、あらゆる戦場シーンでの致死性、柔軟な汎用プラットフォームとしての運用を目指している。

    40 mm グレネード × 3 発または 12 ゲージのショットガンを装備するが、カナダ軍の正式アサルトライフルである現行 C7 ライフルに M203 グレネードランチャーを追加した時よりも軽量になるとのこと。
    過去のカナダ軍向け次世代装備の開発関連記事:
    Colt カナダの小銃用スマホ統合デバイス「SWORD」に GD カナダの VMF I/F を組み込みへ
    カナダ軍 将来個人用戦闘装備開発計画・ISSP合同チーム編成
    DRDC 2015/02/09
    All images from DRDC's official gallery

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop