NEWS

第 31 海兵遠征部隊 MRF による海上船舶臨検 (VBSS) 訓練映像

海外軍事 Comments(0)

1 月 20 日、第 31 海兵遠征部隊 (31st MEU, Marine Expeditionary Unit) は、最小タスクフォース MRF (Maritime Raid Force) による海上船舶臨検 (VBSS: Visit Board Search and Seizure) 訓練を実施した。

訓練は、海軍の海上輸送司令部 (MSC: Military Sealift Command) 隷下で海上事前集積船隊 (MPSRON: Maritime Prepositioning ships squadRON) 所属のコンテナ貨物輸送艦・USNS 1st LT Jack Lummus (T-AK 3011) を対象船舶として実施。
夜間やローライトコンディション下での実戦を想定してか、重装備の隊員の多くが夜間暗視装備を用意している。また、これら隊員の中には Norotos 製と思しき PVS-14 のデュアルセット用マウントを持つ隊員の姿が幾つか確認でき、装備ファンにとっても参考資料となる。

DVIDS - Navy Media Content Services 2015/02/10 - 1, 2
About USNS 1st LT Jack Lummus (T-AK 3011) / USN
U.S. Marine Corps motion media by Cpl. August J. Light/Released

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop