NEWS

米海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が公認へ

海外軍事 Comments(0)
戦術装備ニュースサイト Soldier Systems Daily (SSD) は、2 月 12 日付で発出された米海兵隊管理当局メッセージ (MARADMIN: Marine Administrative Message) 年鑑の内容を情報ソースに、海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が認められるようになったとする記事を掲載した。
GLOCK 19
9x19 / Safe Action
Magazine Capacity: Standard 15, Optional 10/17/33
Length: 187 mm
Height: 127 mm
Width: 30.00 mm
Length Between Sights: 153 mm
Barrel Height: 32 mm
Barrel Length: 102 mm
Unloaded: 670 g
Loaded: 855 g
Trigger Pull: ~ 2.5 kg
Trigger Travel: ~ 12.5 mm
http://us.glock.com/products/model/g19

SSD では「Glock 19 は以前より特殊部隊で使用されており、MARSOC では熱心にその分析をおこない、正式に利用を認めてもらうよう働き掛けてきた」とし、今回の件について「MARSOC 隊員 (= CSO, Critical Skills Operator) による努力の賜物」と評している。

また、MARADMIN 年鑑では 13 番目の項目に「Glock 19 は (海兵隊ではなく) USSOCOM での資産扱いになる」とし、Glock 19 用のホルスターについては、選定事業者の完了まで「保留」としている。

MARADMINS 2015/02/12
Soldier Systems Daily 2015/02/17
Photo By: Sgt. Anthony W. Carter
Image is for illustration purposes only.

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop