NEWS

米海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が公認へ

海外軍事
戦術装備ニュースサイト Soldier Systems Daily (SSD) は、2 月 12 日付で発出された米海兵隊管理当局メッセージ (MARADMIN: Marine Administrative Message) 年鑑の内容を情報ソースに、海兵隊特殊作戦部隊・MARSOC で Glock 19 の使用が認められるようになったとする記事を掲載した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    GLOCK 19
    9x19 / Safe Action
    Magazine Capacity: Standard 15, Optional 10/17/33
    Length: 187 mm
    Height: 127 mm
    Width: 30.00 mm
    Length Between Sights: 153 mm
    Barrel Height: 32 mm
    Barrel Length: 102 mm
    Unloaded: 670 g
    Loaded: 855 g
    Trigger Pull: ~ 2.5 kg
    Trigger Travel: ~ 12.5 mm
    http://us.glock.com/products/model/g19

    SSD では「Glock 19 は以前より特殊部隊で使用されており、MARSOC では熱心にその分析をおこない、正式に利用を認めてもらうよう働き掛けてきた」とし、今回の件について「MARSOC 隊員 (= CSO, Critical Skills Operator) による努力の賜物」と評している。

    また、MARADMIN 年鑑では 13 番目の項目に「Glock 19 は (海兵隊ではなく) USSOCOM での資産扱いになる」とし、Glock 19 用のホルスターについては、選定事業者の完了まで「保留」としている。

    MARADMINS 2015/02/12
    Soldier Systems Daily 2015/02/17
    Photo By: Sgt. Anthony W. Carter
    Image is for illustration purposes only.

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い
    スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約
    カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』
    ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ
    名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了
    米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     英陸軍特殊部隊SASがアフガニスタンで兵力を2倍に増強。タリバンなど過激派グループの復権阻止が狙い (2018-02-14 14:03)
     スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約 (2018-02-13 19:36)
     カナダ科学技術企業「マワシ(MAWASHI)」社が開発する近未来の戦術外骨格『UPRISE』 (2018-02-13 18:50)
     ラトビアが米国の対外軍事資金調達計画(FMFP)を通じてポラリス社製ATV×62輌を受領へ (2018-02-13 18:22)
     名銃「ブローニング・ハイパワー」とうとう生産終了 (2018-02-13 17:35)
     米大手銃器メーカー『レミントン社』が「破産申請」を計画 (2018-02-13 13:36)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop