NEWS

無人機プレデターの輸出型、40 時間の試験飛行に成功

海外軍事
ジェネラル・アトミクス社は 2 月 12 日、無人航空機プレデターの輸出型であるプレデター XP (Predator XP) が、40 時間を超える試験飛行を実施したと発表した。

発表によれば、プレデター XP は 2 月 6 日から 8 日にかけて、アリゾナ州にあるユマ実験場において、10,000 ft 上空を 40 時間超にわたって飛行し続けたという。
同社の Frank Pace 社長は「この飛行は、プレデター XP にとって画期的なイベントであり、長時間飛行し続けられる能力を持っていることを真に実証する機会となった。そして、わが社の航空機が持つ長時間飛行のレコードを更新しました」と語った。

プレデター XP は MQ-1 プレデターの輸出型で、偵察や情報収集などのみ行うことができ、武装は搭載できないようになっている。以前は 35 時間にわたる試験飛行を行っている。

2013 年には、アラブ首長国連邦空軍との間で、プレデター XP を購入する契約が結ばれている。

General Atomics 2015/02/12
Defense News 2015/02/13, 2015/02/17
Photo: Predator XP / General Atomics Product PDF
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop