NEWS

ロシア海軍の新しい空母の 1 番艦の建造には 8 ~ 10 年かかるだろう=RIA ノーヴォスチ

海外軍事
ロシアの RIA ノーヴォスチは 2 月 14 日、ロシア連邦海軍の新しい航空母艦の 建造には 8 ~ 10 年かかるだろうと報じた。

これはロシア海軍の Igor Kozhin 少将の発言を引用する形で報じられたもの で、同氏は「フラッグシップとなる航空母艦の建造には、システムの国家試験も 含め、8 年から、最大で 10 年はかかるだろう」とロシアのメディアに語ったと いう。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    以前に、ロシア海軍司令官代理 (軍備担当) の Victor Bursuk 氏は、新しい空 母は 2030 年以降に造られる、と語ったという。同紙によれば、新型空母の建造 が行われる予定のセヴマシュ造船所では、現在ミサイル巡洋艦「アドミラル・ナ ヒモフ」(Admiral Nakhimov)、「ピョートル・ヴェリーキイ」(Pyotr Velikiy)、重航空巡洋艦 (空母)「アドミラル・クズネツォフ」(Admiral Kuznetsov) がオーヴァーホールと近代化改修を受けており、また専門家によれ ば、新しい空母の建造は、これらの改修が完了した後に始まるのではとみられて いるという。逆算すれば、建造は 2020 年ごろから始まるということになる。

    Kozhin 少将はまた、現在すでに艦載機の研究や空母の建造に必要なプロジェク トは始まっていること、また 2 番艦の建造スピードは上がり、完成まで 3 ~ 4 年になるだろうということも語ったという。

    Ria Novosti 2015/02/14
    Photo: Russian Ministry of Defense
    Image is for illustration purposes only.
    Text: 鳥嶋真也 - FM201502

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop