NEWS

ソ連が開発した世界最大のヘリコプター Mil V-12 をドローンから見る

海外軍事 Comments(0)
ロシア・トゥデイは 2 月 19 日、ソヴィエト連邦が 1960 年代に開発した世界最大のヘリコプター Mil V-12 を、Ruptly ドローンから撮影した動画を YouTube で公開した。
Mil V-12 は対空兵器や戦車、弾道ミサイルなどを運ぶために開発されたヘリコプターで、機体の左右にメイン・ローターを持つ。試作機が 2 機製造されたが、量産されることはなかった。

Mil V-12 は世界最大のヘリコプターであるとともに、1969 年 8 月に 40 t の貨物を高度 2,250 m まで運ぶという世界記録を保持している。2 機とも地上で保管されており、今回ロシア・トゥデイが撮影したのは、モスクワの近くにあるモニノ飛行場に保管してある 1 機である。

RT 2015/02/19
Text: 鳥嶋真也 - FM201502

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入
米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入 (2018-08-20 18:16)
 米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定 (2018-08-20 14:32)
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop