NEWS

フランス、ドローンを使った鳥の研究を検討

海外軍事
Popular Science は 2 月 20 日、フランスの研究者が、ドローン (無人機航空 機) を使った鳥や野生動物の観察を検討していると報じた。ドローンを使うことで、人の立ち入りができない場所での監察や、動物に対して 警戒されずに観察することができるのだという。
Figure: Flight plan for approaching birds with the Phantom drone. The drone was first ascended to 30 m, and then moved at speeds of 2–4–6 or 8 m s−1 towards the birds at angles α of 20°, 30°, 60° or 90°. Drones of three colours were used (white, black and blue). / Biology Letters

研究者たちは 8 日間にわたって、休んだり食事をしている、野生のマガモやア ヒル、フラミンゴやアオアシシギたちの近くで、市販されているクワッドコプ ターを、さまざまな角度やスピードで 200 回以上飛ばし、反応を探ったとい う。その結果、ドローンが約 15 ft 以内に近付くまで、アプローチの 80 % に おいて、鳥がストレスを感じたという兆候は少しも現れなかったという。またド ローンの色や、近付く回数に対しても反応しなかったという。つまり多くの鳥 は、ドローンを味方と思っているか、すくなくとも敵だとは思っていないという ことになろう。

これらの実験の結果と、鳥の生態への妨害を防ぐことも考慮し、最低でも 300 ft の距離から観測することが提案されたとのことである。

詳細なレポートは、最近出版された『Biology Letters』誌で読むことができる。

Popular Science 2015/02/10
Photo: Steve Pinker, Harvard University via NIH (National Institutes of Health) Record
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop