NEWS

フランス、ドローンを使った鳥の研究を検討

海外軍事
Popular Science は 2 月 20 日、フランスの研究者が、ドローン (無人機航空 機) を使った鳥や野生動物の観察を検討していると報じた。ドローンを使うことで、人の立ち入りができない場所での監察や、動物に対して 警戒されずに観察することができるのだという。
Figure: Flight plan for approaching birds with the Phantom drone. The drone was first ascended to 30 m, and then moved at speeds of 2–4–6 or 8 m s−1 towards the birds at angles α of 20°, 30°, 60° or 90°. Drones of three colours were used (white, black and blue). / Biology Letters

研究者たちは 8 日間にわたって、休んだり食事をしている、野生のマガモやア ヒル、フラミンゴやアオアシシギたちの近くで、市販されているクワッドコプ ターを、さまざまな角度やスピードで 200 回以上飛ばし、反応を探ったとい う。その結果、ドローンが約 15 ft 以内に近付くまで、アプローチの 80 % に おいて、鳥がストレスを感じたという兆候は少しも現れなかったという。またド ローンの色や、近付く回数に対しても反応しなかったという。つまり多くの鳥 は、ドローンを味方と思っているか、すくなくとも敵だとは思っていないという ことになろう。

これらの実験の結果と、鳥の生態への妨害を防ぐことも考慮し、最低でも 300 ft の距離から観測することが提案されたとのことである。

詳細なレポートは、最近出版された『Biology Letters』誌で読むことができる。

Popular Science 2015/02/10
Photo: Steve Pinker, Harvard University via NIH (National Institutes of Health) Record
Image is for illustration purposes only.
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop