NEWS

カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得

海外軍事
ロシアのカラシニコフ社は 2 月 26 日、IDEX 2015 において、ロシア国内にある無人航空機 (UAV) と小型船の製造会社の株の大半を取得したと発表した。

カラシニコフ社が取得したのは、UAV メーカーの ZALA Aero 社と、Euroyachting Rybinsk 造船所の 2 社で、両社とも、全体の 51 % の株をカラシニコフ社が得る形となったという。

ZALA Aero 社はロシアの UAV 製造大手の一社で、両社が協力することで、今後無人機や、モバイル・ステーションから世界規模の運用ステーションまでの開発や製造を行っていくとしている。また無人機はこれまでの ZALA のブランドのまま販売を継続するという。

Euroyachting Rybinsk 造船所はモスクワの北にある、モーターボートやインフレータブル・ボートなどを製造している企業で、軍隊による捜索救助や海賊対策といったオペレーションにも使われているという。同造船所の幹部はプレスリリースの中で、これまで販売の対象はロシア国内に限られていたが、カラシニコフ社の関与によってそれが世界に広がることを期待していると語った。

Kalashnikov Concern 2015/02/22
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop