NEWS

カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得

海外軍事
ロシアのカラシニコフ社は 2 月 26 日、IDEX 2015 において、ロシア国内にある無人航空機 (UAV) と小型船の製造会社の株の大半を取得したと発表した。

カラシニコフ社が取得したのは、UAV メーカーの ZALA Aero 社と、Euroyachting Rybinsk 造船所の 2 社で、両社とも、全体の 51 % の株をカラシニコフ社が得る形となったという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    ZALA Aero 社はロシアの UAV 製造大手の一社で、両社が協力することで、今後無人機や、モバイル・ステーションから世界規模の運用ステーションまでの開発や製造を行っていくとしている。また無人機はこれまでの ZALA のブランドのまま販売を継続するという。

    Euroyachting Rybinsk 造船所はモスクワの北にある、モーターボートやインフレータブル・ボートなどを製造している企業で、軍隊による捜索救助や海賊対策といったオペレーションにも使われているという。同造船所の幹部はプレスリリースの中で、これまで販売の対象はロシア国内に限られていたが、カラシニコフ社の関与によってそれが世界に広がることを期待していると語った。

    Kalashnikov Concern 2015/02/22
    Text: 鳥嶋真也 - FM201503

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop