NEWS

ロッキード・マーティン社、UAS「フューリー」のアップグレードを発表 = Flight Global

海外軍事
Flight Global は 2 月 20 日、ロッキード・マーティン社、長時間飛行が可能なように設計に手を加えた無人航空機システム (UAS)「フューリー」(Fury) を発表したと報じた。

記事によると、このアップデートはブロック 10 と呼ばれるもので、より広い翼弦と、長い翼長を持ち、低速時により長時間飛行できるようにしたものであるという。またセンサーも、より新しく、重く、信頼性の高いものを搭載できるようになったという。
フューリーはもともと、2010 年に設立され、デザート・ホークなどの UAS を開発したこともある AeroMech 社によって設計が始まった UAS で、その後同社はChandler/May 社に吸収され、さらに Chandler/May 社もロッキード・マーティン社に吸収されたという経緯を持つ。

フューリーがロッキード・マーティン社のものになって以来、アップグレードが行われるのは今回で 2 度目で、前回は地上管制局との通信用アンテナの追加が行われている。

また同社では、フューリーの輸出にも期待を寄せているとのことである。

Flight Global 2015/02/20
Photo: Fury UAS / Lockheed Martin
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop