NEWS

ロッキード・マーティン社、UAS「フューリー」のアップグレードを発表 = Flight Global

海外軍事
Flight Global は 2 月 20 日、ロッキード・マーティン社、長時間飛行が可能なように設計に手を加えた無人航空機システム (UAS)「フューリー」(Fury) を発表したと報じた。

記事によると、このアップデートはブロック 10 と呼ばれるもので、より広い翼弦と、長い翼長を持ち、低速時により長時間飛行できるようにしたものであるという。またセンサーも、より新しく、重く、信頼性の高いものを搭載できるようになったという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    フューリーはもともと、2010 年に設立され、デザート・ホークなどの UAS を開発したこともある AeroMech 社によって設計が始まった UAS で、その後同社はChandler/May 社に吸収され、さらに Chandler/May 社もロッキード・マーティン社に吸収されたという経緯を持つ。

    フューリーがロッキード・マーティン社のものになって以来、アップグレードが行われるのは今回で 2 度目で、前回は地上管制局との通信用アンテナの追加が行われている。

    また同社では、フューリーの輸出にも期待を寄せているとのことである。

    Flight Global 2015/02/20
    Photo: Fury UAS / Lockheed Martin
    Text: 鳥嶋真也 - FM201503

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop