NEWS

ロッキード・マーティン社、UAS「フューリー」のアップグレードを発表 = Flight Global

海外軍事
Flight Global は 2 月 20 日、ロッキード・マーティン社、長時間飛行が可能なように設計に手を加えた無人航空機システム (UAS)「フューリー」(Fury) を発表したと報じた。

記事によると、このアップデートはブロック 10 と呼ばれるもので、より広い翼弦と、長い翼長を持ち、低速時により長時間飛行できるようにしたものであるという。またセンサーも、より新しく、重く、信頼性の高いものを搭載できるようになったという。
フューリーはもともと、2010 年に設立され、デザート・ホークなどの UAS を開発したこともある AeroMech 社によって設計が始まった UAS で、その後同社はChandler/May 社に吸収され、さらに Chandler/May 社もロッキード・マーティン社に吸収されたという経緯を持つ。

フューリーがロッキード・マーティン社のものになって以来、アップグレードが行われるのは今回で 2 度目で、前回は地上管制局との通信用アンテナの追加が行われている。

また同社では、フューリーの輸出にも期待を寄せているとのことである。

Flight Global 2015/02/20
Photo: Fury UAS / Lockheed Martin
Text: 鳥嶋真也 - FM201503

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功
トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車
フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)
 「ワンショットワンキル」英軍特殊部隊SASスナイパーがチェイタックM200を使って2,400メートルの長距離射撃を成功 (2017-05-23 12:44)
 トヨタ製ランドクルーザーがベース。「フォートレス・インターベンション」がフランス国家憲兵隊治安介入部隊(GIGN)に納車 (2017-05-23 11:21)
 フランス国立コマンド訓練センター(CNEC)でおこなわれた要人警護要員の養成課程訓練映像 (2017-05-19 15:25)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop