NEWS

米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」による麻薬カルテルの前哨アジト襲撃訓練写真

海外軍事
米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」第 7 特殊部隊グループ (7th Special Forces Group (Airborne) / 7th SFG (A) ) は、 ノースウェスト・フロリダのエグリン空軍基地レンジでおこなった訓練ミッションの様子を収めた全 17 枚の写真を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    2 月 20 日におこなわれたこの訓練は、麻薬カルテル前哨地である模擬アジトの襲撃を想定して実施。訓練に参加した隊員らは、重装備に加えて夜間暗視ゴーグルやガスマスクを装着。施錠されたドアを電動ノコギリを使って室内へ侵入したり、止血帯を使って負傷者を救護するなどの訓練がおこなわれている。

    7th SFG (A) の担当エリア (AOR: Area of Responsibility) は中南米。面積にしておよそ 1,560 万平方マイルに及び、中南米 19 ヶ国とカリブ海の 13 ヶ国を管轄する。これら地域の持つ陸地面積は、全世界のおよそ 6 分の 1 に相当する。

    7th Special Forces Group official FaceBook 2015/02/26
    About 7th SFG (A)

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop