NEWS

米海兵特殊作戦コマンド MARSOC の選抜試験第 1 フェーズのプロモ映像が公開

海外軍事
アメリカ特殊作戦コマンド(USSOCOM)隷下の海兵隊特殊作戦コマンドMARSOCの選抜が2月末から開始されており、そのプロモ風動画が公開されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    MARSOCの要員「CSO(Critical Skills Operator)」になるためにはまず知能テスト(GT)105点以上、体力テストで225点以上を取得、健康診断をパスした上で水泳技術認定に合格しセキュリティクリアランスを得る必要がある。

    次にAssessment and Selection(A&S)と呼ばれる2段階の選抜試験がある。動画で紹介されているフェーズ1は10kmから19kmのリュックサックラン、装備を着用した上での水泳、障害物コースなどを用いて、フェーズ2に耐えられる体力があるかを徹底的に試される。フェーズ1はフェーズ2への準備ではなくあくまでも選抜試験なので、クリアできなければ落第する。

    なお、落第する隊員のほとんどが体力的に準備不足であるとのこと。アメリカ海兵隊ではA&S挑戦のための10週間トレーニングプログラムを用意しており、iPhone/Android端末のアプリ「Fitness Preparation App」として誰でもアクセスできるようにしている。

    参考:MARSOC 開発協力のスマホ用無料アプリ「Fitness Preparation」が配信開始 - ミリブロNews

    Source: MARSOC shares glimpse into Assessment and Selection > Marine Corps Forces Special Operations Command > News Article Display
    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop