香港 Redwolf Airsoft、エアソフト・セントリーガンを IWA 2015 で展示

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
今年3月6-9日にドイツのニュルンベルグで開催された武器関連の見本市 IWA OUTDOOR CLASICCS 2015( IWA 2015 )において、香港のエアソフトガンメーカー Redwolf Airsoft 社がエアソフトガン用セントリーガン『 SENTRY TURRET 』を展示した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    『 SENTRY TURRET 』は長物のエアソフトガンを装着する回転式銃座であり、有線もしくは無線で最大250メートルまでの遠隔操作が可能とされている。本体にはカメラが搭載されており、ペリカンケースに収まったリモートコントローラの液晶モニタで映像を観ながら、ジョイスティックで左右360度の回転と上下のコントロールが可能で、カメラ位置がフロントサイトの延長線上にあり射線を考慮した設計となっている。有線タイプはシングルカメラ、無線タイプはダブルカメラ仕様となっている。無線タイプにはナイトビジョンを搭載しているようだ。
    また、前方部の左右ホワイトパネルなどにBB弾がヒットすると、動作が止まる構造になっている。

    昨年の IWA 2014 に展示されたモデルと比較すると、小型軽量化が施されマテリアルなど全てにおいて洗練された印象を受ける。
    本体重量は約5~6kgで、予定価格は有線タイプで1,500米ドルとのこと。発売時期は現在未定となっている。

    セントリーガンはタレット( Turret )とも呼ばれており、ミリブロNews:射撃プラットフォームシステムの記事(http://news.militaryblog.jp/e640696.html)の「 TALON 」など、旋回砲塔 / 回転砲塔 / 銃座のことを指す。遠隔操作により無人化出来るため、その特徴から映画やゲームなどに登場することもあり、代表的なのが「エイリアン2」の排気ダクトでの攻防シーンである。映画のようなコンピューターが自動認識で射撃を行うシステムはまだ実用化できていないようだが、拠点防衛用にイスラエル軍やアメリカ軍などが開発研究を進めている。

    参考動画:IWA 2014 開催時に展示された同社セントリーガン
    Text: 弓削島一樹 - FM201503

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop