NEWS

ロシア海軍向け Ka-52 の「Ka-52K」攻撃ヘリコプター、初飛行を実施 = Flight Global

海外軍事
Flight Global 誌は 3 月 11 日、Ka-52「アリガータル」攻撃ヘリコプターのロシア海軍向け型である「Ka-52K」が初飛行に成功したと報じた。記事によれば、初飛行は 3 月 7 日に実施され、約 40 分間にわたりホバリングを行ったという。

Ka-52K は Ka-52 を基に、艦載ヘリコプターとして運用できるように改良が加えられた機体で、メイン・ローターの折りたたみ機構や、海水による腐食や塩害を防ぐ工夫などが施されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Flight Global 誌によれば、現時点でロシア海軍は 4 機の Ka-52K を発注を確定させており、またオプションで 28 機の追加が見込まれているという。しかし、当初初飛行は 2013 年半ばに予定されていたことから、開発がは遅れているものと見られている。

    また、搭載艦として、現在フランスが製造しているミストラル級強襲揚陸艦が有力視されているが、ウクライナ問題をきっかけに、フランスはロシアに同艦の建造や引き渡しを中止する可能性を示しており、ロシアはもし仮に艦が引き渡されない場合には、代金を返すように求めているなど、見通しは不透明な状態が続いている。

    Flight Global 2015/03/11
    Text: 鳥嶋真也 - FM201503

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop