KRISS社の短機関銃「Vector」の電動ガン化がKRYTACで進行中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
スイス・KRISS社が開発した短機関銃「Vector」の電動ガン化が、同社のエアソフトブランドであるKRYTACの手で進められていることがIWA 2015でアナウンスされた。実銃のメーカーが自らエアソフト化を行うというのは非常に珍しい。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    「Vector」のガスブローバック版はKWA社から既に発売されている(国内ではKSC社が取り扱い)が、KRISS社とKWA社のライセンス契約が終了したことで、AEG化が本格的に進行することになったようだ。それ以外の詳細は不明だが、動画中では広報担当者が2015年中の発売は無いとしている。

    AEG化で気になるのは、カウンターウェイトによって銃口の跳ね上がりを抑える機構「Super V」だ。ブローバックあってこそ意味のあるデバイスだけに、どのようなメカボックスが搭載されるのか楽しみなところである。

    Image: Krytac Official
    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中
    バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催
    実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン
    弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」
    サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開
    「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦
     【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中 (2017-07-19 20:14)
     バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催 (2017-07-14 19:24)
     実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン (2017-07-13 12:48)
     弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」 (2017-07-12 15:59)
     サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開 (2017-07-11 12:11)
     「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦 (2017-07-10 16:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop