KRISS社の短機関銃「Vector」の電動ガン化がKRYTACで進行中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
スイス・KRISS社が開発した短機関銃「Vector」の電動ガン化が、同社のエアソフトブランドであるKRYTACの手で進められていることがIWA 2015でアナウンスされた。実銃のメーカーが自らエアソフト化を行うというのは非常に珍しい。

「Vector」のガスブローバック版はKWA社から既に発売されている(国内ではKSC社が取り扱い)が、KRISS社とKWA社のライセンス契約が終了したことで、AEG化が本格的に進行することになったようだ。それ以外の詳細は不明だが、動画中では広報担当者が2015年中の発売は無いとしている。

AEG化で気になるのは、カウンターウェイトによって銃口の跳ね上がりを抑える機構「Super V」だ。ブローバックあってこそ意味のあるデバイスだけに、どのようなメカボックスが搭載されるのか楽しみなところである。

Image: Krytac Official
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop