仏 Airsoft Absolution、「AA-12」GBB の製品化を目指す資金調達キャンペーンを始動

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
コンバット・ショットガン「AA-12 (Auto Assault-12) 」のエアソフト版製品化に向け、クラウドファンディング上でその資金調達を求めたキャンペーンがフランスで始動した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AA-12 のエアソフト版製品化については、以前にもお届けしたことのある話題。企画の持ち上がった当初は、電動エアガンでの製品化を目指していたが、より安価で製品化が容易になるとの判断から CO2 ガスを使ったガス式エアソフトへ選択の舵を切っている。

    参考:
    電動エアソフト「AA-12」コンバットショットガンのプロト版

    キャンペーンを始動させたのは、Airsoft Absolution 創設者の、Sylvain Bertrand 氏と Stephane Jacquemin 氏。Indie GoGo 上では、本プロジェクトをローンチする為に Airsoft Absolution を創設させた両者の経緯についても詳述されている。

    CO2 バルブ付きのリボルバーマガジンや、フラッシュハイダーをはじめとした幾つかのスチール製パーツについては、既に自費で製作をおこなっているとのこと。更なる製品化への動きを加速する上で今回、外部からの出資を募るに至っていると説明している。

    本キャンペーンは 4 月 27 日までで設定されており、20 万ユーロ (約 2,580 万円) の資金調達を目標としている。

    AirsoftAbsolution 2015/03/18
    Airsoft Absolution AA-12 Airsoft Auto 12 GBB / IndieGoGo

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
     テロ脅威の状況を鑑み、フランスの地方行政区画が「ダミー火器(エアソフト製品)の輸送と使用」に関する規則を制定 (2018-06-20 11:49)
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop