仏 Airsoft Absolution、「AA-12」GBB の製品化を目指す資金調達キャンペーンを始動

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
コンバット・ショットガン「AA-12 (Auto Assault-12) 」のエアソフト版製品化に向け、クラウドファンディング上でその資金調達を求めたキャンペーンがフランスで始動した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AA-12 のエアソフト版製品化については、以前にもお届けしたことのある話題。企画の持ち上がった当初は、電動エアガンでの製品化を目指していたが、より安価で製品化が容易になるとの判断から CO2 ガスを使ったガス式エアソフトへ選択の舵を切っている。

    参考:
    電動エアソフト「AA-12」コンバットショットガンのプロト版

    キャンペーンを始動させたのは、Airsoft Absolution 創設者の、Sylvain Bertrand 氏と Stephane Jacquemin 氏。Indie GoGo 上では、本プロジェクトをローンチする為に Airsoft Absolution を創設させた両者の経緯についても詳述されている。

    CO2 バルブ付きのリボルバーマガジンや、フラッシュハイダーをはじめとした幾つかのスチール製パーツについては、既に自費で製作をおこなっているとのこと。更なる製品化への動きを加速する上で今回、外部からの出資を募るに至っていると説明している。

    本キャンペーンは 4 月 27 日までで設定されており、20 万ユーロ (約 2,580 万円) の資金調達を目標としている。

    AirsoftAbsolution 2015/03/18
    Airsoft Absolution AA-12 Airsoft Auto 12 GBB / IndieGoGo

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
     近未来感溢れるデザインのエアソフト用デジタル残弾表示カウンター (2018-04-23 17:10)
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop