NEWS

米陸軍、4,100 を超える米陸軍特殊作戦コマンドの職を女性に開放

海外軍事

Photo Credit: Sgt. Sara Wakai
Image is for illustration purposes only.
米陸軍は3月13日、4,100 を超える米陸軍特殊作戦コマンドの職を女性に開放すると発表した。

これは John M. McHugh 米陸軍長官が 2 月 25 日に指令書にサインしたもので、米陸軍特殊作戦コマンド以外にも、米州兵の空挺大隊 (National Guard airborne battalions) や戦術心理チーム (tactical psychological teams) への受け入れも増やすとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    発表によると、2013 年以来、米陸軍特殊作戦コマンドでは 5,000 人を採用してきたが、そのうち 1,000 人が女性であったという。同コマンド内における女性の割合は急速に大きくなっており、特に MISO (USASOC's civil affairs and military information support operation) での女性の比率は、陸軍の他の役職とほぼ同じぐらいであるという。

    米陸軍はこれまで、プリ・レンジャー・コースへの女性兵士の受け入れなどを進めてきたが、今回、直接的に作戦などに関わるユニットの職を女性に開いたことは重要なことである。

    U.S. Army 2015/03/13

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か?
    米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ
    H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ
    米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像
    米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海兵隊がM327 120mm迫撃砲の後釜に『可搬式チューブ発射の徘徊型兵器』の取得を計画か? (2018-04-26 14:55)
     米海兵隊の120mm迫撃砲M327『遠征火力支援システム(EFSS)』が段階的に退役へ (2018-04-26 13:30)
     H&K社が武器輸出規制を破ってメキシコ治安部隊に『G36』×4,700挺を不正販売。幹部らが出廷へ (2018-04-26 11:40)
     米海兵隊・第26海兵遠征部隊『マリタイム・レイドフォース(MRF)』による海洋襲撃訓練映像 (2018-04-25 18:13)
     米海軍海上戦闘センターが特殊部隊用「Glock19」などで使用する『照準レーザー(HAL)』の情報提供を呼び掛け (2018-04-25 16:12)
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop