NEWS

米陸軍、4,100 を超える米陸軍特殊作戦コマンドの職を女性に開放

海外軍事

Photo Credit: Sgt. Sara Wakai
Image is for illustration purposes only.
米陸軍は3月13日、4,100 を超える米陸軍特殊作戦コマンドの職を女性に開放すると発表した。

これは John M. McHugh 米陸軍長官が 2 月 25 日に指令書にサインしたもので、米陸軍特殊作戦コマンド以外にも、米州兵の空挺大隊 (National Guard airborne battalions) や戦術心理チーム (tactical psychological teams) への受け入れも増やすとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    発表によると、2013 年以来、米陸軍特殊作戦コマンドでは 5,000 人を採用してきたが、そのうち 1,000 人が女性であったという。同コマンド内における女性の割合は急速に大きくなっており、特に MISO (USASOC's civil affairs and military information support operation) での女性の比率は、陸軍の他の役職とほぼ同じぐらいであるという。

    米陸軍はこれまで、プリ・レンジャー・コースへの女性兵士の受け入れなどを進めてきたが、今回、直接的に作戦などに関わるユニットの職を女性に開いたことは重要なことである。

    U.S. Army 2015/03/13

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop