ASOBIBA、創業約 1 年半で延べ利用者数は 10 万人を突破

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
都内から全国へ展開中のサバイバルゲームフィールド運営会社の ASOBIBA が、創業約 1 年半で延べ総利用者数が 10 万人を突破したことを明かした。
これは、3 月 19 日に ASOBIBA 秋葉原店でおこなわれたカプコン BIOHAZARD REVELATIONS 2 とのコラボイベントのプレス発表会の席で、登壇した ASOBIBA 代表取締役 CFO 小谷翔一 氏が発言したもの。ASOBIBA は現在までに延べ 11 箇所のフィールドを展開している。
「バイオハザード リベレーションズ2」と「ASOBIBA」によるコラボ企画が開催

オトナが童心に帰って楽しめるアクティヴィティの「サバイバルゲーム」が、テレビや様々な雑誌媒体で取り上げられ、ここ数年順調にそのエントリーユーザーを拡大している。これには、ビデオゲームにおけるミリタリー FPS タイトルの好調な売れ行きや、芸能人・著名人がサバイバルゲームに興じていることをカミングアウトするなど、複合的な要因がその背景にあるとも言われている。

エントリーユーザーからミドル・ヘヴィーのユーザーへと巻き込めるかどうかが、現在のブームを単なるブームで終わらせず、サバイバルゲーム業界全体の底上げ、マーケット規模の拡大に繋がると考えられる。

Military Blog Report 2015/03/23

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop