ASOBIBA、創業約 1 年半で延べ利用者数は 10 万人を突破

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
都内から全国へ展開中のサバイバルゲームフィールド運営会社の ASOBIBA が、創業約 1 年半で延べ総利用者数が 10 万人を突破したことを明かした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    これは、3 月 19 日に ASOBIBA 秋葉原店でおこなわれたカプコン BIOHAZARD REVELATIONS 2 とのコラボイベントのプレス発表会の席で、登壇した ASOBIBA 代表取締役 CFO 小谷翔一 氏が発言したもの。ASOBIBA は現在までに延べ 11 箇所のフィールドを展開している。
    「バイオハザード リベレーションズ2」と「ASOBIBA」によるコラボ企画が開催

    オトナが童心に帰って楽しめるアクティヴィティの「サバイバルゲーム」が、テレビや様々な雑誌媒体で取り上げられ、ここ数年順調にそのエントリーユーザーを拡大している。これには、ビデオゲームにおけるミリタリー FPS タイトルの好調な売れ行きや、芸能人・著名人がサバイバルゲームに興じていることをカミングアウトするなど、複合的な要因がその背景にあるとも言われている。

    エントリーユーザーからミドル・ヘヴィーのユーザーへと巻き込めるかどうかが、現在のブームを単なるブームで終わらせず、サバイバルゲーム業界全体の底上げ、マーケット規模の拡大に繋がると考えられる。

    Military Blog Report 2015/03/23

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop