ASOBIBA、創業約 1 年半で延べ利用者数は 10 万人を突破

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
都内から全国へ展開中のサバイバルゲームフィールド運営会社の ASOBIBA が、創業約 1 年半で延べ総利用者数が 10 万人を突破したことを明かした。
これは、3 月 19 日に ASOBIBA 秋葉原店でおこなわれたカプコン BIOHAZARD REVELATIONS 2 とのコラボイベントのプレス発表会の席で、登壇した ASOBIBA 代表取締役 CFO 小谷翔一 氏が発言したもの。ASOBIBA は現在までに延べ 11 箇所のフィールドを展開している。
「バイオハザード リベレーションズ2」と「ASOBIBA」によるコラボ企画が開催

オトナが童心に帰って楽しめるアクティヴィティの「サバイバルゲーム」が、テレビや様々な雑誌媒体で取り上げられ、ここ数年順調にそのエントリーユーザーを拡大している。これには、ビデオゲームにおけるミリタリー FPS タイトルの好調な売れ行きや、芸能人・著名人がサバイバルゲームに興じていることをカミングアウトするなど、複合的な要因がその背景にあるとも言われている。

エントリーユーザーからミドル・ヘヴィーのユーザーへと巻き込めるかどうかが、現在のブームを単なるブームで終わらせず、サバイバルゲーム業界全体の底上げ、マーケット規模の拡大に繋がると考えられる。

Military Blog Report 2015/03/23

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾メーカー「IRON Airsoft」から東京マルイ製ガスブローバック式M4「MWS」対応の『P-MAG』が新発売
『M14 EBR』エアソフトの「ブルパップ」化カスタム
フランスのエアソフト企業「アバター・ユニバース」が独自設計の多目的エアソフトショットガン『HYDRA-8』を発売
ミリタリー&キャンプ融合イベント 第1回『ミリキャン』が10/26(金)~28(日)に本栖ハイランドで開催
ファンムービー『JURASSIC WORLD EXODUS』に登場する銃器類をピックアップ!
エアソフトガンで楽しめる3ガンマッチ「3ガンネイションジャパンセミナー」が開催
 台湾メーカー「IRON Airsoft」から東京マルイ製ガスブローバック式M4「MWS」対応の『P-MAG』が新発売 (2018-08-09 18:51)
 『M14 EBR』エアソフトの「ブルパップ」化カスタム (2018-08-09 11:52)
 フランスのエアソフト企業「アバター・ユニバース」が独自設計の多目的エアソフトショットガン『HYDRA-8』を発売 (2018-08-08 19:25)
 ミリタリー&キャンプ融合イベント 第1回『ミリキャン』が10/26(金)~28(日)に本栖ハイランドで開催 (2018-08-04 10:03)
 ファンムービー『JURASSIC WORLD EXODUS』に登場する銃器類をピックアップ! (2018-08-01 13:40)
 エアソフトガンで楽しめる3ガンマッチ「3ガンネイションジャパンセミナー」が開催 (2018-07-30 15:27)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop