韓国、マルチコプターの技術を使った壁を走行できるロボットを開発

ミリタリー模型・フィギュア
韓国の KAIST (Korea Advanced Institute of Science and Technology) は 3 月 1 日、マルチコプターの技術を使った壁を走行できるロボットを開発したと発表した。

従来、ビルなどの高層建築物の検査やメンテナンスには、人が壁を登り作業を行っていた。しかし最近では人手が不足しつつあり、また何よりリスクが高く、コストも高いという問題があった。その後ロボットを使うというアイディアが生まれたが、そのためにはビルの壁にレールを敷くなどの手法を採らねばならないという問題があった。

最近になり、磁力や真空、粘着素材などを使って、壁に張り付くことができるロボットの技術が開発されたが、ペイロード (搭載機器) の容量が少なかったり、落下する可能性が高かったり、また操作性が悪かったといった問題を抱えていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    KAIST のこのロボットはマルチコプターから派生したもので、空を飛ぶことができる一方で、その推力を使って壁に張り付き、ロボットの下部にあるタイヤで壁を登ることができるという。したがってペイロードはマルチコプターと同じぐらいで、操作性も高く、また万が一壁から離れることがあっても、そのまま空を飛ぶことができるため、地上に落下する可能性が小さくなるというメリットがあるという。

    KAIST が公開した動画では、2 種類のマルチコプターが登場し、実際に壁に張り付いたり、そのまま壁面を走行したりする様子が収められている。

    IEEE Spectrum 2015/03/01
    Text: 鳥嶋真也 - FM201503

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop