VFC・ガスボルト方式のスナイパーライフル「M40A5」を3月末に発売 海外でプレオーダー受付中

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
今回VFCが台湾は台北で行われたミリタリーイベント武哈祭(Hooha Show)で発表したM40A5ライフルは、気化ガスを発射に用いる「ガスボルト」が採用されている。ボルトアクションライフル型のエアソフトガンといえば人力でスプリングを圧縮するものがほとんどだが、ガスボルトを使用することで実銃と同じように軽くボルトを操作することができる。

大部分のパーツはアルミニウムの切削加工で、フラッシュハイダーはCNC加工のスチール製。見た目がリアルなだけではなくチェンバー/コッキングインジケーターや、ボルトの取り外しなど各部分の機能・操作もリアルなものになっている。特徴的なフルアジャスタブルストックはマクミラン社の正式ライセンスを取得し、こちらもリアルに再現されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    発売時期は2015年3月末。海外の一部ショップでは420ドル(約5万円)でプレオーダーを受け付けている。そのままでは初速過剰となり日本への輸入はできないが、デチューン版の登場を期待したいところだ。

    Source and Images: VegaForceCompany Facebook Page
    VFC M40A5 Gas Sniper Rifle ( DX / Limited Version ) / VFC-RG-M40A5G-OD02 | WGC Shop - Airsoft Supplier
    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201503
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
     ベトナム戦争時代のジャングルブーツを近代化したようなGORUCKの新製品『MACV-1』 (2018-06-19 19:23)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop