第 76 回 Vショーが盛況に開催

イベント開催情報

第 76 回ビクトリーショーが 3 月 29 日 (日) に、東京・浜松町の都立作業貿易センターで開催された。当日来場者数 3,500 名と出店関係者 400 名の計 3,900 名のミリタリー愛好家が集まった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    特殊部隊装備品 Aggressor Group 。
    昨年からMARSOC 隊員での使用が確認されている First Spear AAC (Assault Armor Carrier)。


    FS 独自の革新的な解除システム「TUBE」を搭載したモデル。同「Strandhögg」との違いも確認できる。


    エアソフトカスタムショップ SFA 。
    「リトル・ブライトン」と呼ばれるエアソフト用のターゲット着弾システム。ペットボトルの蓋に取り付けられている電子装置がそのカギを握っている。


    ペットボトル外殻に着弾したBB弾の振動により、電子装置が反応して発光するというもの。発色は2色のモードが用意されている。
    限定数販売での展開。当面の再販予定は未定。


    アームズマガジン誌でもお馴染みのウピウピ隊メンバー。


    エアボーン。
    WA ガスブローバック M4 用「SR-15E3」レシーバーセット。限定数販売とのこと。


    既に予約も多く入っている模様なので、探していた方は早めに問い合わせが無難。





    ふりーだむあらいあんす
    メイクアップアーティストでモデルのメイさんと、奥山絵里奈さん。
    痛々しく見事に再現された傷口を見せてくれた。


    メイさん作のお菓子のキーホルダー。


    First Sniper 。
    レーザー光線銃を使ったゲームプレイを展示。激しいリコイルを伴った射撃を体感することで、ゲームプレイの没入感が上がる。


    特許出願のレーザー光線ユニットが組み込まれたエアソフトベースの光線銃。射撃や着弾時、交戦にまつわる様々な再現が可能となる点が、レーザー光線銃での強味。


    レーザーバトル用のレシーバーも同時に開発が進められている。単に「被弾した」という結果判定以外の発展した判別ロジックも今後開発が進められる可能性があるようだ。


    アタッシュケースの形をしたターゲット。着弾と同時に発光している。


    ハンマーズ。
    TROY AK Battle Rail。


    タクティカルシューティング仕様のAKに仕上がる。


    ファントム。
    スポーツメーカー Reebok から発売された「Reebok Dauntless Seamless Tactical Boot」。


    Vasque Juxt 7000。


    バイオハザード リベレーションズ2 Tシャツ。


    ファントム別注アンダーアーマーのTシャツ。


    最強 SEAL スナイパー、故 Chris Kyle 氏追悼の「Legend SEAL Sniper」がプリントされている。ファントム限定販売。


    TOP Japan。
    2015 年新製品 第 1 弾、Universal Rail Extending SR16 M4 URX 3.1 Carbine ライブカートモデル。5月中旬・下旬発売予定。全長 810 mm / 890 mm、重量 2,400 g、装弾数 30 発。
    2015 年新製品 第 2 弾、米海兵隊採用モデル HK M27 IAR ライブカートモデル。今春発売予定。価格未定。全長 850 mm / 940 mm、重量 3,300 g、装弾数 30 発。


    Nobel Arms 。
    左から SURE HIT 41650 Tactical SSTP、SURE HIT 31042 IR HIDE7 SSTP、SURE HIT 15632 IR HIDE7 CQB、SURE HIT 15632 IR HIDE7 DT、SURE HIT 1624 IR HIDE7 CQB、SURE HIT 1422 IR HIDE7 CQB。

    オススメで人気は、「SURE HIT 1624 IR HIDE7 CQB (タン色の右横にあるスコープ)」。所謂「ショートスコープ」の形状ながらも、1-6 倍率をカバーしており、大抵のサバゲーフィールドで視界を確保してくれる。(一般的に同クラスのものは4倍率程度)


    C-Tours 。
    ミリブロReportで「イスラエル式タクティカルトレーニング体験会」をご紹介したことが記憶に新しい同社からは、米国Chinook Medical Gear社製のTMK-IFAK ポーチが出品されていた。
    片手で引っ張り出し、中身を展開することができる。






    カラー展開は4色。


    ゴアテックス準拠の素材を使ったパッカブル・ジャケット。展示品では3パターンの迷彩がラインアップ。


    中でも店主オススメは、こちらのZonz(ゾンズ)柄。木々を模した迷彩の中で、手前にあるものをクッキリと描き、奥の木々をぼやかしている。その為、同種のリアルツリー迷彩と比べて、奥行き感の演出が優れているのが特徴となる。


    Frog Lube のグリース。
    米海軍特殊部隊 SEALs や Chris Costa 氏が愛用していることでも有名。塗布部の微細な凹凸を埋め合わせるような役割をし、摩擦係数を軽減させている。
    食料品グレードの天然素材で作られているので、万一口に入っても安心。
    非浸食性なので、エアガンパーツに使用して大丈夫。


    チヌークメディカルギアのMedical Panel Insert Bag (TMK-MPI)。


    オープン状態。メッシュポケットなどで用途に応じたアイテムを個別収納することができる。


    バッグインサートとして用いることを想定した設計。


    次回ビクトリーショーは7月に開催が予定されている。

    同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」特別試写会が12/26に東京で開催。抽選で50名を招待
    ショットショージャパン2017冬 搬入日速報
    ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017冬」会場内配置図が公開
    入場無料のミリタリーフリーマーケット、第18回「MINIMIRI博多」が開催
    ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催
    同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!」特別試写会が12/26に東京で開催。抽選で50名を招待 (2017-12-08 19:30)
     ショットショージャパン2017冬 搬入日速報 (2017-12-01 21:23)
     ミリタリー物販イベント「ショットショージャパン2017冬」会場内配置図が公開 (2017-11-27 21:18)
     入場無料のミリタリーフリーマーケット、第18回「MINIMIRI博多」が開催 (2017-11-27 21:01)
     ガンショップFIRST主催によるサバイバルゲームイベント、第13回「SVG Unlimited」が開催 (2017-11-20 16:29)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop