NEWS

DARPA、「TERN」計画のフェイズ 2 の契約者選定を発表

海外軍事
米国防総省の国防高等研究計画局 (DARPA) は 3 月 23 日、「TERN」 (Tactically Exploited Reconnaissance Node) 計画のフェイズ 2 の契約者として、エアロヴァイロメント (AeroVironment) 社とノースロップ・グラマン (Northrop Grumman) 社の 2 社を選定したと発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    TERN は、 DARPA と米海軍研究局 (U.S. Navy’s Office of Naval Research) の共同で進められている計画で、既存の船のデッキを使い、中高度長時間滞空 (MALE, medium-altitude, long-endurance) 型の無人航空機システム (Unmanned Aerial System) によるISR (インテリジェンス、監視、偵察) ミッションを行うための技術開発を目指したものである。これにより、通常の固定翼機のように航空母艦や滑走路などを必要としない上に、有人・無人のヘリコプターよりも長距離、長時間のミッションをこなすことができるシステムが実現できる。

    TERN 計画の最初の 2 つのフェイズでは、まず予備的なデザインとリスク低減といった開発が中心に行われる。続くフェイズ 3 で、選ばれた 1 社が実物大の実証機を製造し、まず地上テストが行われ、その後駆逐艦などが持つ甲板と同じサイズの海上プラットフォームを使った実証試験が行われるという。

    DARPA 2015/03/23
    Tactically Exploited Reconnaissance Node (TERN) / DARPA
    Text: 鳥嶋真也 - FM201504

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop