NEWS

イスラエル国防軍がガザ地区で昆虫型の超小型偵察ロボットを投入?ハマス側が主張

海外軍事

Ex: Robot Dragonfly / Techject Inc.
Image is for illustration purposes only.
イスラム原理主義組織ハマス (HAMAS) 系のニュースサイト「al-Majd」へ持ち寄られた情報をソースに、イスラエル国防軍 (IDF: Israel Defense Forces) が、ガザ地区内で昆虫型の超小型ロボット「electronic dragonflies」を投入しているとのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    名前の通り「トンボ (dragonfly) 」の形状をしているかどうかは不明だが、ハマスによるとこの昆虫型ロボットは、ハエや蚊のようにビルなどの建屋にある小さな通風孔を伝って秘匿裏に侵入しているとのこと。

    ハマス構成員の動きを追跡し、拉致されたイスラエル兵の行方を捜索することや、仕掛け爆弾の情報などを収集することが目的とされている。

    また、ハマス側の主張によれば、イスラエルは衛星を使って昆虫型ロボットを遠隔操作し、ターゲットを撃つこともできる上に、自爆する機能もあるとしているが、真偽は不明。

    現在、昆虫型の超小型偵察ロボットは、イスラエルの他に米国などでも開発が進められている。
    過去の「昆虫型超小型偵察ロボット」関連記事:
    Jerusalem Online 2015/03/31

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言
    オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言 (2018-02-22 14:12)
     オランダ国防省が特殊部隊用に「HK416A5」を購入 (2018-02-22 12:57)
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop