NEWS

イスラエル国防軍がガザ地区で昆虫型の超小型偵察ロボットを投入?ハマス側が主張

海外軍事

Ex: Robot Dragonfly / Techject Inc.
Image is for illustration purposes only.
イスラム原理主義組織ハマス (HAMAS) 系のニュースサイト「al-Majd」へ持ち寄られた情報をソースに、イスラエル国防軍 (IDF: Israel Defense Forces) が、ガザ地区内で昆虫型の超小型ロボット「electronic dragonflies」を投入しているとのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    名前の通り「トンボ (dragonfly) 」の形状をしているかどうかは不明だが、ハマスによるとこの昆虫型ロボットは、ハエや蚊のようにビルなどの建屋にある小さな通風孔を伝って秘匿裏に侵入しているとのこと。

    ハマス構成員の動きを追跡し、拉致されたイスラエル兵の行方を捜索することや、仕掛け爆弾の情報などを収集することが目的とされている。

    また、ハマス側の主張によれば、イスラエルは衛星を使って昆虫型ロボットを遠隔操作し、ターゲットを撃つこともできる上に、自爆する機能もあるとしているが、真偽は不明。

    現在、昆虫型の超小型偵察ロボットは、イスラエルの他に米国などでも開発が進められている。
    過去の「昆虫型超小型偵察ロボット」関連記事:
    Jerusalem Online 2015/03/31

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop