レーザー武装したドローン「フライングレーザー」

ミリタリー模型・フィギュア Comments(0)
ドイツのレーザー製品創作家、Patrick Priebe 氏が最新作「フライングレーザー」の紹介映像を公開した。今回新たに紹介した作品は、強力なレーザーとドローンを組み合わせたバルーンハンター モデルとなっている。
クアッドローターのドローンに、同氏お得意の小型レーザーモジュールを搭載させたシンプルな構造で、レーザー武装したこのドローンが、空中に浮遊する風船を攻撃する映像は、さながら SF 映画のようなワンシーンとなっている。

もちろんこれだけ強い出力を持つレーザーは、日本国内で「消費生活用製品安全法」の下、規制の対象となっている。同法では【PSC マーク】の無いレーザー出力製品 (携帯用レーザー応用装置) を【販売・陳列】することが禁止されており、違反した場合は、【1 年以下の懲役または 100 万円以下の罰金、またはこれを併科する】と定められている。

LaserGadgets 2015/03/25

同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売
ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示
香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売
TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
 『コスモ ドラグーン(戦士の銃)』水鉄砲がワンダーフェスティバル2018夏で限定先行発売 (2018-07-26 12:07)
 ベラルーシが対戦車ロケットランチャーで武装するクワッドコプターを展示 (2018-06-08 13:50)
 香港FMA社から『PVS-21』のダミー製品が新発売 (2018-06-06 15:43)
 TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
 DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
 米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop