ドイツのデザイナー、「もしもアップル社がドローンを作ったら」という想定のイメージを紹介

ミリタリー模型・フィギュア

This Apple drone concept looks very sleek.

Posted by Mashable on 2015年3月23日
Mashable などは 3 月 24 日付けで、「もしもアップル社がドローン (無人航空機) を作ったら」という想定で制作された想像図を紹介している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    制作したのはドイツのデザイナー Eric Huisman さん。作品名は「アップル・クアッドコプター」(Apple Quadcopter) で、非常に独特な形状をしており、Mashable など本件を掲載したメディアは口をそろえて「アップル社らしい」と評している。

    機体は 4 枚のローターを持ち、またその付け根部分にはカメラが組み込まれており、通常の写真やパノラマ写真、動画などが撮影できるという。

    この想像図はあくまで Eric Huisman さんによる空想であり、アップル社自身はドローンを開発しているとは表明していない。しかし現在 Amazon や Google、Facebook などの企業はみなドローンを使った新しいサービスの展開に関心を示しており、アップル社がそこに乗り込む可能性は否定できない。

    Mashable 2015/03/23
    Text: 鳥嶋真也 - FM201504

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出
    実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出 (2017-06-21 13:14)
     実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop