NEWS

AMPV の配備完了は 2030 年以降に 一方の M113 は 70 歳の誕生日を迎える可能性

海外軍事
Breaking Defense は 3 月 31 日、AMPV (Armored Multi-Purpose Vehicle) の配備が完了するのが 2030 年以降となり、M113 装甲兵員輸送車が 70 歳の誕生日を迎えることになるだろうと報じた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AMPV は M113 の後継車輌で、BAE システムズ社が開発を行っている。現在の計画では、M113 を運用している旅団のうち、12 の旅団に関しては 2020 年代の終わりまでに交代が完了するものの、他で使われている 1,900 輌に関しては、時期がまだ未定であり、したがって M113 が 70 歳を超えてもなお運用が続けられるだろうとしている。

    M113 は 1960 年に運用が開始され、ヴェトナム戦争などでも使われた経験を持つとされる。

    また Defense News は同じ 3 月 31 日付けで、AMPV の救急車型が開発される可能性がなくなったと報じている。

    M113 の後継車輌を巡っては、BAE システムズ社とジェネラル・ダイナミクス社が競った結果、BAE システムズ社の提案する AMPV が選ばれたという経緯があるが、この問題はまだ尾を引きそうな雰囲気を見せている。

    Breaking Defense 2015/03/31
    Defense News 2015/03/31
    Text: 鳥嶋真也 - FM201504

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop