NEWS

AMPV の配備完了は 2030 年以降に 一方の M113 は 70 歳の誕生日を迎える可能性

海外軍事 Comments(0)
Breaking Defense は 3 月 31 日、AMPV (Armored Multi-Purpose Vehicle) の配備が完了するのが 2030 年以降となり、M113 装甲兵員輸送車が 70 歳の誕生日を迎えることになるだろうと報じた。
AMPV は M113 の後継車輌で、BAE システムズ社が開発を行っている。現在の計画では、M113 を運用している旅団のうち、12 の旅団に関しては 2020 年代の終わりまでに交代が完了するものの、他で使われている 1,900 輌に関しては、時期がまだ未定であり、したがって M113 が 70 歳を超えてもなお運用が続けられるだろうとしている。

M113 は 1960 年に運用が開始され、ヴェトナム戦争などでも使われた経験を持つとされる。

また Defense News は同じ 3 月 31 日付けで、AMPV の救急車型が開発される可能性がなくなったと報じている。

M113 の後継車輌を巡っては、BAE システムズ社とジェネラル・ダイナミクス社が競った結果、BAE システムズ社の提案する AMPV が選ばれたという経緯があるが、この問題はまだ尾を引きそうな雰囲気を見せている。

Breaking Defense 2015/03/31
Defense News 2015/03/31
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop