NEWS

米海軍、MQ-9 リーパーからヘルファイア・ミサイルで船を攻撃する試験を実施

海外軍事

U.S. Air Force Photo / Lt. Col. Leslie Pratt
Image is for illustration purposes only.
米空軍は 4 月 2 日、MQ-9 リーパー (Reaper) から海上を移動する目標に向けて、AGM-114 ヘルファイア (Hellfire) ミサイルを発射する試験を実施したと発表した。

発表によれば、試験は 3 月 17 日に、メキシコ湾において行われたとされ、MQ-9 リーパー から発射されたヘルファイアは、問題なく目標に命中したという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    試験を担当したのは第 26 兵器飛行隊 (26th Weapons Squadron) であった。同飛行隊の Timothy Ford 空軍大尉は「今回の試験によって可能性が証明されたことで、国中のいたるところで、より多くの訓練が行われる機会の実現に向けて、希望のドアが開かれた」と述べている。

    また将来的に、A-10 サンダーボルト II や F-16 ファイティング・ファルコン、F-35Aライトニング II との統合運用が行える可能性もあるという。

    米空軍によれば、遠隔操縦航空機 (Remotely Piloted Aircraft, RPA) が海上目標に攻撃を与えたのはこれが世界初であるという。ちなみにRPAとは、米空軍における無人航空機 (UAV) の呼び名で、またオペレーターも RPA パイロットと呼称するなど、独自の文化を持つ。

    99th Air Base Wing Public Affairs 2015/04/02
    Text: 鳥嶋真也 - FM201504

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop