NEWS

米海軍、MQ-9 リーパーからヘルファイア・ミサイルで船を攻撃する試験を実施

海外軍事

U.S. Air Force Photo / Lt. Col. Leslie Pratt
Image is for illustration purposes only.
米空軍は 4 月 2 日、MQ-9 リーパー (Reaper) から海上を移動する目標に向けて、AGM-114 ヘルファイア (Hellfire) ミサイルを発射する試験を実施したと発表した。

発表によれば、試験は 3 月 17 日に、メキシコ湾において行われたとされ、MQ-9 リーパー から発射されたヘルファイアは、問題なく目標に命中したという。
試験を担当したのは第 26 兵器飛行隊 (26th Weapons Squadron) であった。同飛行隊の Timothy Ford 空軍大尉は「今回の試験によって可能性が証明されたことで、国中のいたるところで、より多くの訓練が行われる機会の実現に向けて、希望のドアが開かれた」と述べている。

また将来的に、A-10 サンダーボルト II や F-16 ファイティング・ファルコン、F-35Aライトニング II との統合運用が行える可能性もあるという。

米空軍によれば、遠隔操縦航空機 (Remotely Piloted Aircraft, RPA) が海上目標に攻撃を与えたのはこれが世界初であるという。ちなみにRPAとは、米空軍における無人航空機 (UAV) の呼び名で、またオペレーターも RPA パイロットと呼称するなど、独自の文化を持つ。

99th Air Base Wing Public Affairs 2015/04/02
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop