NEWS

米海軍、MQ-9 リーパーからヘルファイア・ミサイルで船を攻撃する試験を実施

海外軍事

U.S. Air Force Photo / Lt. Col. Leslie Pratt
Image is for illustration purposes only.
米空軍は 4 月 2 日、MQ-9 リーパー (Reaper) から海上を移動する目標に向けて、AGM-114 ヘルファイア (Hellfire) ミサイルを発射する試験を実施したと発表した。

発表によれば、試験は 3 月 17 日に、メキシコ湾において行われたとされ、MQ-9 リーパー から発射されたヘルファイアは、問題なく目標に命中したという。
試験を担当したのは第 26 兵器飛行隊 (26th Weapons Squadron) であった。同飛行隊の Timothy Ford 空軍大尉は「今回の試験によって可能性が証明されたことで、国中のいたるところで、より多くの訓練が行われる機会の実現に向けて、希望のドアが開かれた」と述べている。

また将来的に、A-10 サンダーボルト II や F-16 ファイティング・ファルコン、F-35Aライトニング II との統合運用が行える可能性もあるという。

米空軍によれば、遠隔操縦航空機 (Remotely Piloted Aircraft, RPA) が海上目標に攻撃を与えたのはこれが世界初であるという。ちなみにRPAとは、米空軍における無人航空機 (UAV) の呼び名で、またオペレーターも RPA パイロットと呼称するなど、独自の文化を持つ。

99th Air Base Wing Public Affairs 2015/04/02
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop