NEWS

米海軍研究所、イナゴのように群れを成して襲来する低価格の無人機群システムを紹介

海外軍事
米海軍研究所 (U.S. Naval Research Laboratory, NRL) は 4 月 14 日、複数の無人航空機 (UAV) を群れで飛ばす「LOCUST」(LOw-Cost Unmanned aerial vehicle Swarming Technology) の試作機を紹介する動画を公開した。

LOCUST は円筒形状に翼などが折りたたまれた状態で発射筒から発射され、発射直後に翼を展開し飛行する。また複数の機体を発射した後、編隊を組んで自律飛行を行うこともできるという。

公開された動画では、実際に発射筒から発射される様子や、群れをなして飛行する様子が収められている。
なお LOCUST とは、LOw-Cost Unmanned aerial vehicle Swarming Technology の略だが、バッタやイナゴを意味する英単語でもある。

usnavyresearch 2015/04/14
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop