NEWS

韓国、世界最速の UAV を開発 2023 年ごろの完成目指す = ARIRANG NEWS

海外軍事
大韓民国の ARIRANG NEWS は 4 月 19 日、韓国航空宇宙研究院 (KARI) が世界最速の無人航空機 (UAV)、「TR-60」の開発に成功したと報じた。現在はまだ試作機だが、2023 年ごろの完成を目指すという。

TR-60 はティルトローター機型の UAV で、ヘリコプターのように離着陸し、飛行機のように飛行することができる。最高時速は 500 km にも達し、これは世界で最も速い UAV だという。開発コストは 9000 万米ドル (現在の為替レートで約 107 億円) で、2023 年にも完成させ、翌年から生産に入りたいとしている。

需要としては監視や捜索、救助、偵察、輸送、通信の中継などが考えられているとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    韓国は現在、無人機の技術では世界で第 7 位の能力を持っているが、2023 年ごろには第 5 位に、そして 2027 年ごろには 3 位から 4 位に付きたいとしている。

    公開された映像では、TR-60 が実際に垂直に離陸し、その後ローターの向きを変え、飛行機のように大空を飛行する様子が収められている。また、グライダーのような別の UAV や、マルチコプターなども紹介されている。

    米調査会社ティール・グループの航空宇宙市場分析家によると、昨年のドローン市場は約53億ドル (現在の為替レートで約 6319 億円) であったとされ、さらに今後 10 年の間に、その市場は 2 倍以上に大きく膨れ上がると予想されているという。また韓国内のドローン市場も年 20 % ほどで成長し続けているとされる。

    ARIRANG NEWS 2015/04/19
    Text: 鳥嶋真也 - FM201504

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除
    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アフガニスタン展開中の英陸軍特殊部隊「SAS」が『羊飼い』に扮してテロリストに近付き襲撃。20名を排除 (2018-05-28 18:32)
     米軍特殊作戦司令部(SOCOM)が新たな戦場に対応する「M240B」「M249」機関銃の後継取得を目指すRFP発出を計画 (2018-05-28 15:22)
     2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』 (2018-05-25 17:48)
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop