NEWS

韓国、世界最速の UAV を開発 2023 年ごろの完成目指す = ARIRANG NEWS

海外軍事
大韓民国の ARIRANG NEWS は 4 月 19 日、韓国航空宇宙研究院 (KARI) が世界最速の無人航空機 (UAV)、「TR-60」の開発に成功したと報じた。現在はまだ試作機だが、2023 年ごろの完成を目指すという。

TR-60 はティルトローター機型の UAV で、ヘリコプターのように離着陸し、飛行機のように飛行することができる。最高時速は 500 km にも達し、これは世界で最も速い UAV だという。開発コストは 9000 万米ドル (現在の為替レートで約 107 億円) で、2023 年にも完成させ、翌年から生産に入りたいとしている。

需要としては監視や捜索、救助、偵察、輸送、通信の中継などが考えられているとされる。
韓国は現在、無人機の技術では世界で第 7 位の能力を持っているが、2023 年ごろには第 5 位に、そして 2027 年ごろには 3 位から 4 位に付きたいとしている。

公開された映像では、TR-60 が実際に垂直に離陸し、その後ローターの向きを変え、飛行機のように大空を飛行する様子が収められている。また、グライダーのような別の UAV や、マルチコプターなども紹介されている。

米調査会社ティール・グループの航空宇宙市場分析家によると、昨年のドローン市場は約53億ドル (現在の為替レートで約 6319 億円) であったとされ、さらに今後 10 年の間に、その市場は 2 倍以上に大きく膨れ上がると予想されているという。また韓国内のドローン市場も年 20 % ほどで成長し続けているとされる。

ARIRANG NEWS 2015/04/19
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像
アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開
Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 年間300件超の国内テロ特殊作戦。UAVの活用にスポットを当てたカラシニコフのプロモ映像 (2017-04-26 19:48)
 アブドゥッラー2世ヨルダン国王が自ら軍の近接戦闘訓練に参加。公式SNSで映像を公開 (2017-04-26 13:06)
 Thermoteknix Systemsの新型NV・サーマルイメージャーを英軍がテスト (2017-04-26 12:46)
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop