NEWS

韓国、世界最速の UAV を開発 2023 年ごろの完成目指す = ARIRANG NEWS

海外軍事
大韓民国の ARIRANG NEWS は 4 月 19 日、韓国航空宇宙研究院 (KARI) が世界最速の無人航空機 (UAV)、「TR-60」の開発に成功したと報じた。現在はまだ試作機だが、2023 年ごろの完成を目指すという。

TR-60 はティルトローター機型の UAV で、ヘリコプターのように離着陸し、飛行機のように飛行することができる。最高時速は 500 km にも達し、これは世界で最も速い UAV だという。開発コストは 9000 万米ドル (現在の為替レートで約 107 億円) で、2023 年にも完成させ、翌年から生産に入りたいとしている。

需要としては監視や捜索、救助、偵察、輸送、通信の中継などが考えられているとされる。
韓国は現在、無人機の技術では世界で第 7 位の能力を持っているが、2023 年ごろには第 5 位に、そして 2027 年ごろには 3 位から 4 位に付きたいとしている。

公開された映像では、TR-60 が実際に垂直に離陸し、その後ローターの向きを変え、飛行機のように大空を飛行する様子が収められている。また、グライダーのような別の UAV や、マルチコプターなども紹介されている。

米調査会社ティール・グループの航空宇宙市場分析家によると、昨年のドローン市場は約53億ドル (現在の為替レートで約 6319 億円) であったとされ、さらに今後 10 年の間に、その市場は 2 倍以上に大きく膨れ上がると予想されているという。また韓国内のドローン市場も年 20 % ほどで成長し続けているとされる。

ARIRANG NEWS 2015/04/19
Text: 鳥嶋真也 - FM201504

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop