NEWS

米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」7th SFG (A) とチリ海軍による CQB 訓練映像

海外軍事 Comments(0)
DVIDS の第 3 コンバットカメラ スコードロンの ページに、「Emerald Warrior 2015」でおこなわれた、米陸軍特殊部隊「グリーンベレー」第 7 特殊部隊グループ (7th Special Forces Group (Airborne) / 7th SFG (A) ) 隊員とチリ海軍特殊部隊による CQB (Close Quarters Battle) 訓練のセカンドロール映像が公開された。

映像は 5 分 30 秒に渡るもので、個人装備の拡大シーンや室内近接での戦闘、負傷者救護の様子など見所の多い内容となっている。
第 7 特殊部隊グループの担当エリア (AOR: Area of Responsibility) は中南米で、面積にしておよそ 1,560 万平方マイルに及ぶ。これら地域の持つ陸地面積は、全世界のおよそ 6 分の 1 に相当し、中南米の 19 ヶ国とカリブ海の 13 ヶ国を管轄している。

Emerald Warrior 演習は、米国防総省による非正規戦を想定した唯一の演習で、参加各部隊の隊員らは、近い将来の派兵に備えた現実的な訓練に取り組んでいる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop