NEWS

近未来の戦場で兵士を先導?米陸軍の無人陸上車輌「Ripsaw」

海外軍事
米陸軍が、いつの日かの戦場で歩兵を先導する可能性のある無人陸上車輌 (UGV: Unmanned Ground Vehicle) を紹介した。

これは、米陸軍兵器研究開発技術センター (ARDEC: Armament Research, Development and Engineering Center) がニュージャージー州にあるピカティニー・アーセナルでおこなったメディアディで展示したもの。


Mad Max Fury Road Nasty Peacemaker footage before it shipped to Africa
展示車両は「Ripsaw (=「縦に引くノコギリ」の意) 」と名付けられた高速走行を可能とする無限軌道車輌で、メイン州 ウォータールーに本拠を持つ Howe and Howe Technologies (H&H) 社が車体の開発を手掛けている。因みに「Ripsaw」の名は、米科学月刊誌の Popular Science 誌が命名したとのこと。

関連記事:
警察と共同開発、SWAT用ハイテク遠隔操作ロボのデモが公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    All new Ripsaw EV2 for 2015 / Howe & Howe

    Ripsaw は世界最速の無限軌道車輌として知られ、時速 65 マイル (=時速 約 104 キロメートル) へ到達するに僅か 3 秒と言う驚異的な加速を可能とし、フェラーリ・F12 ベルリネッタを凌駕している。

    陸軍仕様の Ripsaw には、兵器遠隔操作システム「CROWS (Common Remotely Operated Weapons Station) 」が搭載され、ブローニング M2 重機関銃や Mk19 40 ミリ自動擲弾銃、M240B 7.62 ミリ機関銃、M249 5.56 ミリ軽機関銃などの搭載が可能となる。

    武装した Ripsaw について「完全自律制御のロボット化」とすることは技術的に可能とするも、致死力を備える兵器の意思決定に人間が関与することを義務づけた米国防総省令 第 3000.09 (2012 年 11 月 21 日発出) に則し、米陸軍ではそうした対応の予定は無いだろうとしている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop