NEWS

BAE システムズ社、F1 マシーンの技術を「CV90」装甲戦闘車に応用

海外軍事
英国の BAE システムズ社は 4 月 27 日、かつて F1 (Fomula One) マシーンに使用されていたアクティヴ・サスペンションの技術を、「CV90」装甲戦闘車に応用し、操縦性と速度を向上させることに成功したと発表した。

アクティヴ・サスペンションは 1990 年代に F1 で流行した技術で、サスペンションを路面に合わせて能動的 (アクティヴ) に制御することで、車体を安定させる技術である。なお、現在では規約で禁止されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    CV90 に搭載されたものは「アクティヴ・ダンピング」システムと呼ばれており、ピッチ加速度を約 40 % 減少させることに成功したという。これは乗組員の負担の軽減につながり、また目標の発見、照準、射撃にとっても役に立つという。また、荒れた地形での最高速度は 30~ 40 % ほど向上し、一方で磨耗を減らせることで修理コストを低減することができたという。

    最近行われたトライアルにおいて、主力戦車が持つ記録を破り、荒れた地形での速度記録を更新したという。

    CV90 はスウェーデンが開発した歩兵戦闘車で、現在は英国に本拠地を置く BAE システムズ社が製造している。また歩兵戦闘車以外にも、いくつかのヴァリエーションが存在している。

    BAE Systems 2015/04/27
    Text: 鳥嶋真也 - FM201505

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop