NEWS

ロシア版 Navy SEAL!? 戦勝記念イベントで「アザラシ」がパフォーマンスを披露

海外軍事
第二次大戦下のナチス・ドイツに対する戦勝 70 年を記念する軍事パレードがおこなわれたロシアで、ベレー帽を被り、ライフルを携行するアザラシの姿を捉えた映像が公開された。

シベリアン・タイムズ紙によると、この国を挙げた盛大なイベントに参加するため、シベリアの水族館ではバイカルアザラシ (Baikal seal) が、泳ぎや水中でのマーチ、そして玩具銃の携行を調教されたとのこと。
これらのアザラシは、ボールを使って遊んだり、ジャンプしての輪くぐりや、お絵描き、ダンスといったパフォーマンスに長けている。水族館での飼育は、世界で一番深い湖と言われるバイカル湖と同様に、摂氏 2 度から 3 度の水温に保たれた特別な水槽で、野生と同様にアブラウオ (Baikal oil fish) やハゼ (goby fish) といった魚を餌に与えられていたとのこと。

Reuters 2015/05/09
Siberian Times 2015/05/09
Embed image: REUTERS/Evgeny Kozyrev, via Daily Mirror

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop