NEWS

トルコ陸軍新型小銃「MPT-76」に標準装備予定の光学照準器

海外軍事 Comments(0)
IHS Jane's Defence Weekly によると、トルコのイスタンブールで 5 月 5 日から 8 日の会期で開催された第 12 回国際防衛産業フェア「IDEF 2015」の席で、トルコ軍が 7.62 mm 弾仕様の新型小銃「MKEK MPT-76」用に、AVCI 1-4x コンバットライフル スコープの採用を発表。開発を手掛ける 3E EOS (Elektro Optik Sistemler) 社が、軍の認証試験に向けて 200 セットの AVCI 1-4x スコープのオーダーを受けたことを明かしたとのこと。
2007 年、トルコの国営防衛メーカー MKEK (Makina ve Kimya Endüstrisi Kurumu) は、同国軍で採用される新型ライフルの開発に着手。翌 2008 年までに同社は、ドイツの HK416 アサルトライフルをベースとした 5.56mm 仕様の小銃「Mehmetçik-1」を製造。その後、数年を掛けて開発が進められていた。

関連記事:
HK416 をモディファイ、トルコ軍の新型小銃「Mehmetcik」が試験をパス

そして幾つかの弾薬口径についても見直しが進められる中、次期小銃用として 7.62x51 NATO 弾の採用が決定。2014 年 5 月、MKEK 社は陸軍へ 7.62x51mm MKEK MPT-76 自動小銃の第 1 陣をデリバリーしている。なお、ネーミングにある「MPT」はトルコ語で「Milli Piyade Tüfeği」から由来しており、「国家歩兵小銃」の意味となる。上記の開発経緯からも、MPT-76 はドイツ HK417 と外観および技術的にも類似していると言われている。

今回の AVCI 1-4x スコープ採用については、このトルコの新型小銃 MPT-76 の標準光学照準器となることが伝えられており、陸軍のトライアルを無事成功裏に収めた場合、20,000 挺分の受注が見込まれるとのこと。これは兵士 10 人に付き 1 つの割合で支給されることを意味すると言う。

IHS Jane's Defence Weekly 2015/05/10
About MKEK MPT-76 / World Guns

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop