世界最速のクアッドコプターと思われる動画が YouTube に出現

ミリタリー模型・フィギュア
YouTube に4月5日、大変速い速度で飛行するクアッドコプターの動画が投稿された。

動画を見ると、当初は普通のクアッドコプターのように飛行を始めたものの、突如甲高い音と共に上昇し、その後は目にも止まらぬ速さで、大空を縦横無尽に飛び回る様が収められている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    投稿者のアカウントは「quadmovr」で、プロフィール欄などに詳細は記されていない。ただ、同名のアカウントでブログを開設しており、そこには今回飛行したものと同型と思われるクアッドコプターの写真や、時速 144 km を記録したと思われる、速度計の写真などが投稿されている。

    GEEK.com によると、quadmovr はこのクアッドコプターの名前であり、Warthox というハンドルの人物が自作した機体であるという。製作には市販されているモーターやバッテリーなどが用いられたとされ、製作費は 673 ドル (現在の為替レートで約 8 万円) であったという。

    RC Group
    Geek 2015/05/01
    Text: 鳥嶋真也 - FM201505

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)
     英国グリーン・ウルフ・ギア社から「Galac-Tac」1/6ミリタリーアクションフィギュアがリリース (2017-07-31 17:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop