NEWS

チープで使い捨て、上空から大量放散する米海軍研究試験所の「セミ型ドローン」

海外軍事
近い将来の戦場で、航空機やドローン、気球を使って上空から昆虫型のロボットが大量に拡散される日が来るかもしれない。

関連記事:
米海軍研究所、イナゴ (バッタ) のように群れを成して襲来する低価格の無人機群システムを紹介

Meet Cicada, Covert Autonomous Disposable Aircraft, can glide like bird after being dropped from any aircraft or a larger drone.

Posted by RT on 2015年5月16日
米海軍研究試験所 (NRL: Naval Research Laboratory) で開発が進められている、英語で「セミ (蝉) 」を意味する昆虫ロボット「CICADA (Close-In Covert Autonomous Disposable Aircraft) 」は、使い捨てを前提とした超小型のドローン。

オリジナルデザインのコンセプトでは、1 機当たり 100 ドルが設定されたこの CICADA、最新の試作モデルでは 1 機当たり 1,000 ドルのコストが見込まれているが、NRL では 250 ドルまで下げたい考え。

2011 年、NRL では発泡スチレン製のボディーに薄いウィングとフレキシブルなエッジを備えたCICADA を使った試験を実施している。その試験では、CICADA を他のドローンや気球によって上空から落下させており、その際に目標と定めた落下地点の 15 フィート (=約 4.6 メートル) 範囲内での着地が確認されている。

上空から大量に散布された CICADA が音も無く敵拠点へ飛来し、敵の様子を盗み聞きすることや、オプションの化学センサーを搭載することで、化学兵器の存在を検知することも可能になるという。

NRL 2015/05/12
AFP 2015/05/16

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop