香港 PTS、ガスブローバック式エアソフト MASADA を発表

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
Posted by PTS on 2015年5月27日
香港に拠点を持つPTS (Professional Training & Simulation) は、MAGPUL社が開発したライフルのエアーソフトGBB「MASADA」を発表した。プレスカンファレス向けに発表した新製品MASADAはKWA(台湾製造)によって製作され近日発売となる。

既に電動ガンでは発売されており、ベータプロジェクト製のGBB換装キットが発売されていたが、今回は新規製作の様だ。WE製MSK(Remington/ACR系)との比較も面白そうだ。
実銃と同じ特徴を持っており、工具不要でバレルの脱着が可能、アッパーレシーバーはCNCアルミで製作され、パーツ構成は実物に近いと言って良い。トップレイルは37スロットでM1913レイル、レシーバーは個別にシリアルナンバーを備えている。
ストックは折畳み式の伸縮型、アンビセフティなど備えており、既にご存知の方も多いだろう。

樹脂部分はポリマー製で、38発のEPMマガジン(ENHANCED POLYMER MAGAZINE)が付属。マガジンはKSC/KWAのM4系と共用できそうだ。既に発売されている同社の電動ガンバージョンとハンドガードの互換性があり、レイルタイプの換装も行えるの事。重量も3キロ半ばで取り回しも良さそうだ。

実射の方は海外ではグリーンガスが標準で快調に作動している。KSCブランドでPTSの日本版MEGA ARMSも手にした方も多いと思うが、作動は同等と考えて良いだろう。ホップ調整はKSC/KWAでお馴染みのレバー調整で行う。

当初はブラックのみが6月に発売され、おおよその価格は420USDとなっている。KWA系はマガジンが重く、その点も改良されていれば良いが・・。ともかく更に詳しい情報がリリースされる筈だ。

Text: Ocean - FM201505

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に
G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売
89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売
ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場
APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始
銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売
 シュアファイア社から新発想の画期的なピストル用ホルスター「マスターファイアー・ホルスター」が予約開始に (2017-05-28 03:25)
 G&Gアーマメントからコンパクトで取り回しの良いサブマシンガンスタイルの電動エアガン「ARP9」が7月に発売 (2017-05-28 02:14)
 89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売 (2017-05-27 14:11)
 ARESから電動M4/AR用の9mmコンバージョンキットが登場 (2017-05-26 14:08)
 APSのシェル方式CO2ショットガン「CAM MKII」が海外で発売開始 (2017-05-26 13:03)
 銃身の根元から折り畳めるAR系ライフル「XAR Invicta」が2017年夏発売 (2017-05-26 12:32)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop