NEWS

ロシア連邦軍、将来個人戦闘装備システム「ラトニク」の初期生産バッチを受領開始

海外軍事

Photo: via Wikicommons
Image is for illustration purposes only.
中央精密機械建造研究所(TSNIITOCHMASH)のドミトリー・セミゾロフ最高経営責任者(CEO)は将来個人戦闘装備システム「ラトニク」の初期生産バッチをロシア連邦軍が受領を開始したと明らかにした。セミゾロフ氏は「今年の生産バッチは確定しており、次回生産バッチに向けた準備を進めている。」と発言した。
「ラトニク」はロシア連邦軍が開発・生産を行っている「将来個人戦闘装備システム」である。日本を初め先進諸国の軍隊がこぞって開発を行っている「将来個人戦闘装備システム」に遅ればせながらもロシア連邦軍も導入し始めている。

将来個人用戦闘装備
http://report.militaryblog.jp/e342886.html
http://report.militaryblog.jp/e345667.html

「情報化・ネットワーク化」「射撃能力の向上」を目的としているが、この計画内にはロシア連邦の独自の気候(-50℃から+50℃)に対応し、防御性能の向上を図った戦闘服と軽量かつ対弾性のあるヘルメット・アーマーを合わせて導入するのも興味深いものである。

中央精密機械建造研究所(TSNIITOCHMASH)によれば「ラトニク」を構成する部品等はロシア連邦で設計・生産されたものであると述べている。これは東部ウクライナ問題発する欧米諸国の経済制裁に伴う部品供給の危うさを鑑みて、自国内で完結できる部品供給ルートを確立させたとも言える。

今後ロシア連邦軍は「ラートニク」を年間5万ユニットずつ取得する予定であるが、ロシア国防省の要請しだいでは7万ユニットを納入することも可能であるとしている。

Rostec 2015/05/25
Text: WT83 - FM201506

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)
 米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示 (2017-05-23 13:11)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop