NEWS

発表から 10 ヶ月、MARSOC の改称セレモニーが 6 月 19 日に実施

海外軍事
Gannett Company が運営する米海兵隊のニュースサイト、Marine Corps Times によると、当初の発表から約 10 ヶ月遅れで、米海兵隊の特殊部隊 MARSOC (Marine Corps Forces Special Operations Command) 隷下の部隊にようやく「Raiders (レイダース) 」の名称がもたらされるとのこと。

関連記事:
米海兵隊の特殊部隊 MARSOC、「レイダース」に改称

改称を記念した式典が 6 月 19 日に開催され、特殊作戦軍 (USSOCOM : U.S. Special Operations COMmand) の司令官を務めるジョセフ・ヴォーテル (Joseph Votel) 陸軍大将の他、改称のオリジナルである、先の大戦で実際にレイダー部隊として参戦したメンバーの列席も予定されている。

改称の変更例は以下のとおり。

・海兵特殊作戦連隊 (Marine Special Operations Regiment) は、海兵レイダー連隊 (Marine Raider Regiment) になる。
・第 1 海兵特殊作戦大隊 (1st MSOB) は、第 1 海兵レイダー大隊 (1st Marine Raider Battalion) になる。
・第 2 海兵特殊作戦大隊 (2nd MSOB) は、第 2 海兵レイダー大隊 (2nd Marine Raider Battalion) になる。
・第 3 海兵特殊作戦大隊 (3rd MSOB) は、第 3 海兵レイダー大隊 (3rd Marine Raider Battalion) になる。
・海兵特殊作戦支援グループ (Marine Special Operations Support Group) は、海兵レイダー支援グループ (Marine Raider Support Group) になる。
・第 1 海兵特殊作戦支援大隊 (1st MSOSB) は、第 1 海兵レイダー支援大隊 (1st Marine Raider Support Battalion) になる。
・第 2 海兵特殊作戦支援大隊 (2nd MSOSB) は、第 2 海兵レイダー支援大隊 (2nd Marine Raider Support Battalion) になる。
・第 3 海兵特殊作戦支援大隊 (3rd MSOSB) は、第 3 海兵レイダー支援大隊 (3rd Marine Raider Support Battalion) になる。
また、MARSOC 広報官 Barry Morris 大尉によると、司令部の建屋に取り付けられている部隊識別のプラカードや、新たな部隊フラッグなどで、大よそ 12,000 米ドルの予算が掛かるとのこと。これらのフラッグは、赤地に象徴的なスカルを特徴としないが、MARSOC インシグニアにもある、青地に 5 つの白星をあしらった「サザンクロス」の表示は続けられる見込み。

全 8 つのユニットの公式ページにおいて今回の変更に関する内容が 6 月 22 日までに順次掲載予定となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    MARSOC は、直接行動 (DA: Direct Action)、特殊偵察 (SR: Special Reconnaissance)、外国国内防衛 (FID: Foreign Internal Defense)、カウンターテロ (CT: Counterterrorism) などが基本任務。

    1987 年 SOCOM 創設の際に、「海兵隊そのものが一定の特殊作戦能力を備えている」などを理由に、海兵隊からの特殊部隊編成が含まれなかった。しかし、その後の「非正規戦」「対テロ戦」の高まりを受けて、2005 年にラムズフェルド (Donald H. Rumsfeld) 国防長官指示の下、海兵隊独自の特殊部隊の創設が発表されている。こうした創設背景故に、MARSOC は SOCOM の発足から遅れ、2006 年 2 月 24 日に創設を迎えている。

    SOCOM への編入から 9 年。これまで MARSOC はアフガニスタンにおける支援作戦を主眼に運用されていたが、現在は不朽の自由作戦 (OEF) 以降においての、地域統合軍団 (GCC: Geographical Combatant Command) の支援を改善すべく再指向に供されている。

    Marine Corps Times 2015/06/11
    Defense Media Network 2015/06/15

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop