カラシニコフ、新型ピストル「PL-14 (ПЛ-14) 」の試作モデルを Army-2015 で初公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ロシアで 6 月 16 日~ 19 日の会期で開催中の国際軍事技術フォーラム「Army-2015」の席で、コンツェルン カラシニコフ (Concern Kalashnikov) が新型ピストル「PL-14 (ПЛ-14) 」の試作モデルを初公開した。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。
PL-14 は、9x19 mm 弾を使用するセミオートピストルで、一報を掲載した TASS 通信などによれば「Lebedev Pistol (レベデフ ピストル) 」とも呼ばれている。同社グループのプレスリリースによると、PL-14 は人間工学に基づき設計されており、法執行機関当局やピストル射撃のアスリートなどがそのコンセプト開発に携わっている。

ロシアの軍事レビューサイト「Военное обозрение (topwar.ru) 」によると、諸元は以下の通り

Caliber 9x19 mm
Length 220 mm
Height 136 mm
Thickness 28 mm
Barrel length 127 mm
Magazine capacity 15 rounds
Weight without ammunition 0.8 kg
コンツェルン カラシニコフでディレクターを務める Alexei Krivoruchko 氏によると、PL-14 の持つ汎用性により、軍や法執行機関のサイドアームズとしてだけでなく、スポーツピストルにおける競技射撃などのシーンでも使用されることに期待しているようだ。また、左右いずれの手でも使い易い設計にしているとのこと。

なお、RIA Novosti によると、PL-14 は連邦政府の掲げるテストをまだ合格しておらず、軍での実戦経験を持っていないが、軍で使用されている Makarov (マカロフ) ピストルのリプレイスになるか、または併用になるかもしれないと紹介している。

今回の一報に先駆けて、コンツェルン カラシニコフを傘下に持つ Rostec では 6 月 15 日付のプレスリリースにおいて、カラシニコフが新たな被服や装備を初披露することを示していた。

RIA Novosti 2015/06/16
TACC 2015/06/16
Military Review Russia 2015/06/16
Rostec 2015/06/15

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーで活躍間違い無し!ガンショップFIRSTの静穏化ソーコム Mk23「影縫」カスタム
3つのセキュリティーロック機構が特徴のオートマティック・ホルスター
秋葉原・御徒町エリアに沖縄発のエアガンショップ、Airsoft97秋葉原店がオープン
SRCから中華民国国軍の制式カービン「91式歩槍」の民間バージョンが電動ガンで登場
ストライダーナイフ社が25周年を期に生産終了 今後はカスタムナイフ製作に注力
東京マルイ社の創立者は「ジェイコブ・ジャーマンスキー」?Google検索の誤表記が話題に
 サバゲーで活躍間違い無し!ガンショップFIRSTの静穏化ソーコム Mk23「影縫」カスタム (2017-04-19 15:04)
 3つのセキュリティーロック機構が特徴のオートマティック・ホルスター (2017-04-19 13:01)
 秋葉原・御徒町エリアに沖縄発のエアガンショップ、Airsoft97秋葉原店がオープン (2017-04-18 12:31)
 SRCから中華民国国軍の制式カービン「91式歩槍」の民間バージョンが電動ガンで登場 (2017-04-18 11:57)
 ストライダーナイフ社が25周年を期に生産終了 今後はカスタムナイフ製作に注力 (2017-04-11 15:44)
 東京マルイ社の創立者は「ジェイコブ・ジャーマンスキー」?Google検索の誤表記が話題に (2017-04-07 15:11)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop