カラシニコフ、新型ピストル「PL-14 (ПЛ-14) 」の試作モデルを Army-2015 で初公開

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ロシアで 6 月 16 日~ 19 日の会期で開催中の国際軍事技術フォーラム「Army-2015」の席で、コンツェルン カラシニコフ (Concern Kalashnikov) が新型ピストル「PL-14 (ПЛ-14) 」の試作モデルを初公開した。
※本稿は海外実銃に関する話題を掲載しています。
PL-14 は、9x19 mm 弾を使用するセミオートピストルで、一報を掲載した TASS 通信などによれば「Lebedev Pistol (レベデフ ピストル) 」とも呼ばれている。同社グループのプレスリリースによると、PL-14 は人間工学に基づき設計されており、法執行機関当局やピストル射撃のアスリートなどがそのコンセプト開発に携わっている。

ロシアの軍事レビューサイト「Военное обозрение (topwar.ru) 」によると、諸元は以下の通り

Caliber 9x19 mm
Length 220 mm
Height 136 mm
Thickness 28 mm
Barrel length 127 mm
Magazine capacity 15 rounds
Weight without ammunition 0.8 kg
コンツェルン カラシニコフでディレクターを務める Alexei Krivoruchko 氏によると、PL-14 の持つ汎用性により、軍や法執行機関のサイドアームズとしてだけでなく、スポーツピストルにおける競技射撃などのシーンでも使用されることに期待しているようだ。また、左右いずれの手でも使い易い設計にしているとのこと。

なお、RIA Novosti によると、PL-14 は連邦政府の掲げるテストをまだ合格しておらず、軍での実戦経験を持っていないが、軍で使用されている Makarov (マカロフ) ピストルのリプレイスになるか、または併用になるかもしれないと紹介している。

今回の一報に先駆けて、コンツェルン カラシニコフを傘下に持つ Rostec では 6 月 15 日付のプレスリリースにおいて、カラシニコフが新たな被服や装備を初披露することを示していた。

RIA Novosti 2015/06/16
TACC 2015/06/16
Military Review Russia 2015/06/16
Rostec 2015/06/15

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop