NEWS

ロステック、傘下のカラシニコフ・コンツェルンが特殊部隊向け装備を開発・生産すると発表

海外軍事
ロシアの国営ハイテク工業製品開発・生産・輸出企業「ロステック」は傘下の企業の一つである「カラシニコフ・コンツェルン」が特殊部隊向けの装備を開発・生産を行うと発表した。

「カラシニコフ・コンツェルン」は特殊部隊向けの装備を開発・生産を行うために「Allmulticam」「株式会社特殊防護品センター」の二社の株の大半を取得した。「カラシニコフ・コンツェルン」の装備ブランドは「5.45デザイン」と呼称され、ロシア連邦のみならず旧ソ連圏諸国の特殊部隊向けの装備を提供するとしている。
「カラシニコフ・コンツェルン」は夏季・冬季用の迷彩服、防弾ヘルメット・ボディアーマーを特殊部隊の要求に見合うものを開発製造し、連邦軍のみならず連邦保安庁・国内軍等に所属する特殊部隊にも対応可能な装備を開発することを発表している。

この新ブランド以外にUAV 製造会社や造船所を買収していることから、従来の銃器製造のみならず他方向へ向けた経営路線を歩もうとしているのが伺えるものである。

関連記事:
カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得

Rostec 2015/06/15
Text: WT83 - FM201506

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop