NEWS

Raiders (MARSOC) や SEALs 隊員からの鹵獲か?タリバンが最新装備の SCAR ライフルを実戦使用

海外軍事
アフガニスタンで活動するスンニ派過激組織のタリバン (Taliban) が、最近になって北部の都市クンドゥーズ (Kunduz) で新たな攻撃を開始。その様子を収めた映像が公開された。

映像には、鹵獲 (ろかく) された軍用車両 (HUMVEE) と FN SCAR ライフルを使用している様子が収められている。タリバン戦闘員によるこれら車両と高性能ライフルが鹵獲品として存在していることは以前にも確認されているが、実際に使用している様子を高解像度の映像で確認されたのは、今回が初めてとされる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像 1 分 4 秒付近から 7 秒付近に掛けて僅かの間に映り込んだライフルは、FN 製の 7.62×51mm NATO 弾仕様の SCAR-H と考えられる。


    トップに搭載されているオプティクスは、Raytheon 製 ELCAN SpecterDR (Dual Role) 1.5-6x コンバットサイト。また、アンダーレール部には、オーソドックスな Harris 製のバイポッドが装着されている。そしてレールの上部には AN/PEQ-15 LA-5 UHP (Ultra High Power) が、またレール右側には、Insight Technology WMX200 ウェポンライトがオフセット状態で装着されているのが確認できる。

    これらライフルのセット状況から、米軍特殊部隊、とりわけ Raiders (MARSOC) または SEALs 隊員が持ち込んだものと考えられ、それが KIA (Killed In Action: 戦死) など何らかの経緯でタリバン戦闘員の手に渡ったのでは?とする憶測を呼んでいる。

    Live Leak 2015/06/24

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop