NEWS

ロシア内務省所属特殊部隊による ATM 襲撃犯の拘束映像

海外軍事
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 6月 22日、自社のサイトにモスクワ州ラメンスコエのガソリンスタンド襲撃の疑いが掛けられてる4人の容疑者のアジトにロシア内務省所属の特殊部隊СОБР(訳:緊急対応特殊支隊)の «Булат»隊が突入し容疑者を拘束する動画を公開した。
彼らの容疑はモスクワ州ラメンスコエ近郊のクラコヴォ地域のガソリンスタンドに忍び込み、店内に設置してあるATMを破壊し、現金を盗み続けことである。一連の犯行で総額7万ルーブルを盗んだ疑いが持たれている。拘束された容疑者から既に同様の手口で6件を行ったことを認めた模様。

動画の中で容疑者の拘束任務に就いたСОБР(訳:緊急対応特殊支隊)の «Булат»隊は、銃器を特殊消音アサルトライフルであるAS Valを装備している。

これは容疑者のアジトが、住宅地のど真ん中であり、発砲音で近隣住民に余計な不安を与えないように配慮し装備したものと思われる。彼らが装備しているAS Valはフォアグリップやライトを装着しており、従来のAS Valとは違う印象を与えるものである。

Телеканал "ЗВЕЗДА" 2015/06/22
Text: WT83 - FM201507

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop