NEWS

ロシア内務省所属特殊部隊による ATM 襲撃犯の拘束映像

海外軍事
ロシア国防省が運営する TV チャンネル『ズヴィズダー』は 6月 22日、自社のサイトにモスクワ州ラメンスコエのガソリンスタンド襲撃の疑いが掛けられてる4人の容疑者のアジトにロシア内務省所属の特殊部隊СОБР(訳:緊急対応特殊支隊)の «Булат»隊が突入し容疑者を拘束する動画を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    彼らの容疑はモスクワ州ラメンスコエ近郊のクラコヴォ地域のガソリンスタンドに忍び込み、店内に設置してあるATMを破壊し、現金を盗み続けことである。一連の犯行で総額7万ルーブルを盗んだ疑いが持たれている。拘束された容疑者から既に同様の手口で6件を行ったことを認めた模様。

    動画の中で容疑者の拘束任務に就いたСОБР(訳:緊急対応特殊支隊)の «Булат»隊は、銃器を特殊消音アサルトライフルであるAS Valを装備している。

    これは容疑者のアジトが、住宅地のど真ん中であり、発砲音で近隣住民に余計な不安を与えないように配慮し装備したものと思われる。彼らが装備しているAS Valはフォアグリップやライトを装着しており、従来のAS Valとは違う印象を与えるものである。

    Телеканал "ЗВЕЗДА" 2015/06/22
    Text: WT83 - FM201507

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop