NEWS

フランス陸軍のスナイパーが競い合うシューティングチャレンジ映像

海外軍事
6 月 15 日から 19 日に、フランス南部の中央高地 Larzac にある陸軍の CEITO (Centre dEntrainement de lInfanterie au Tir Operationnel) センターでおこなわれたシューティングチャレンジの模様が、フランス陸軍 (Armee de Terre) 公式 YouTube チャンネル上で公開された。3 年連続となる今開催では、陸軍の 11 の歩兵連隊から 12 グループのスナイパーが参加、日頃の鍛錬の成果を競っている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    コレーズ県ブリーヴ=ラ=ガイヤルドから参加した、第 126 歩兵連隊 (126e RI) のスナイパーグループがチャレンジでの最高スコアをマークした他、2 番手には第 92 歩兵連隊 (92e RI) が、3 番手に第 3 海兵歩兵連隊 (3e RIMa) が続く結果となっている。


    映像では、フランス軍制式の .308 口径ライフルである FR F2 スナイパーライフルや .50BMG のボルトアクション対物ライフル FR 12.7 (PGM Hecate (ヘカート) 2) などが登場している。

    Armee de Terre 2015/06/30
    About CEITO / defense.ac-montpellier.fr
    Hecate 2 / PGM Precision

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop