NEWS

元 ST6 隊員の Kyle Defoor 氏が、Team MultiCam へ正式に加入

海外軍事
マルチカム( MultiCam )のオフィシャルサイトに、元 Navy SEALs 隊員のカイル・デフォー( Kyle Defoor )氏をチーム・マルチカム( Team MultiCam )へ迎えたことを伝えるニュースが掲載されている。チーム・マルチカムとは、マルチカムのスポンサードシステムで、モータースポーツ / スカイダイビング / シューティングといった分野で活躍する人々をサポートしている。

Coming up on 20 years of recce and scoped experiences. Sniper school age 19 or so, passing my first stalk.

Posted by Kyle Defoor on 2014年10月30日
カイル・デフォー氏は、海軍特殊作戦スカウト/スナイパースクール( Naval Special Warfare Scout / Sniper School )の卒業生で20年以上軍務に就き、SEALチーム8(アフリカ / 地中海地域管轄)や SEALチーム6:対テロ特殊部隊 DEVGRU( NSWDG:Naval Special Warfare Development Group )に所属し、チームではスナイパーやアサルター(強襲員)として中東地域やボスニアなどに派遣されていた。

2002年3月アフガニスタン東部の山岳地帯でタリバン掃討を目的に行われた※アナコンダ作戦( Operation Anaconda / 又は、タクールハーの戦い:Battle of Takur Ghar )に参加しており、激戦となったこの闘いでの勇気を称えられ青銅星章( Bronze Star Medal )を受章している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ※アナコンダ作戦は、米軍主導で、オーストラリア、アフガニスタン、イギリス、カナダ、ドイツなど計11カ国からなる多国籍軍(総勢約3万人)によって実行されたが、作戦計画や事前情報の不備など様々な要因が重なり3日間で終了する予定が2週間も費やし、戦死者15名(内1名はシールズ隊員 Neil C. Roberts 海軍一等兵曹)・負傷者82名をだす事態となり、戦果も散々なものであった。参加部隊は、米陸軍第10山岳師団、第101空挺師団、第75レンジャー連隊、グリーンベレー、アフガニスタン陸軍、英海兵隊、カナダ第3大隊、ドイツ特殊部隊 KSK、ノルウェー特殊部隊 FSK などで、本作戦用に特別編成した合同タスクフォース部隊に各国部隊が分かれ、デルタフォース、DEVGRU、各国空軍などと連携し作戦に当たった。

    関連記事:
    「SEAL Team 6」秘匿の歴史とその全貌をニューヨークタイムズ紙が特集

    カイル氏は除隊後に、アメリカの民間軍事会社( PMC )ブラック・ウォーター USA( Black Water USA:現在の Academi )でトレーナーを務め、現在はシューティング・インストラクターとして「 Defoor Proformance Shooting 」を立ち上げ、豊富な実戦経験と高い技術力を基にピストル、カービンライフル、狙撃( Urban Sniper )、CQB、に特化したカリキュラムを組み、軍・法執行機関・民間を問わず指導に当たっている。また、“ Tactical Arms ”や“ Tactical Impact ”などのTV番組や、動画配信サイト、雑誌などへの出演を精力的に行っている。プライベートでは熱心な、モーターサイクリスト、ハンター、クライマー、ランナー、としても知られている。

    参考動画:Kyle Defoor“ Trigger Time TV ”再生リスト

    MultiCam 2015/06/15
    Calguns.net 2010/08/22
    Text: 弓削島一樹 - FM201507

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop