決戦は 1 年後!? 米国 MegaBots が日本の水道橋重工 KURATAS に「果し状」を叩き付ける

ミリタリー模型・フィギュア
ヒト搭乗型の戦闘ロボを手掛ける米国の MegaBots Inc が 公式 YouTube での映像を通じて、日本の水道橋重工 (Suidobashi Heavy Industry) に果たし状を叩きつけた。

米国初のヒト搭乗型戦闘ロボットを手掛けた同社ではあったが、世界を見渡せば日本の水道橋重工が手掛けた KURATAS (クラタス) が MegaBots に先駆けてデビューしている。

関連記事:
人型四脚巨大ロボ「KURATAS」アマゾンで発売?現在在庫切れ
自作・工作物イベントで巨大な戦闘ロボット「MegaBot」が展示

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像では星条旗のマントを身に着けた人物がメガボット本部の様子を紹介するシーンから始まり、MegaBot 2 号機での武装についての簡単なストーリー解説と、後半には水道橋重工への決戦申込みが盛り込まれている。全編においてご丁寧にも日本語字幕付きで語り掛けており、同社の本気具合が見て取れる内容となっている。

    ■MegaBot
    ・全高:4.5 メートル
    ・重量:6,800 キログラム
    圧縮空気により、重さ 1.3 キログラムのペイント弾「MegaBall」を、時速 193 キロメートルで発射を可能とする。

    ■KURATAS
    ・全高:3.8 メートル
    ・重量:4,000 キログラム
    ・武装:顔認識機能でターゲットを捕捉、毎分 6,000発 の BB弾 の発射をする「ツインガトリングガン」搭載。
    ※いずれも過去に公表された内容を抜粋
    一報を聞きつけた水道橋重工側は、公式ブログを通じて「ちょっと考えるから待ってろメガボット。」と締める内容の投稿をおこなっている。

    MegaBots 社が映像中に提示した決戦の日は、1 年後。果たしてどのような結末となるのか、世界の注目が集まっている。

    MegaBots Inc 2015/06/30
    Suidobashi Heavy Industry 2015/07/01

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開
    銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売
    中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出
    実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
    日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定
    Weapon762が「PVS-31」のダミー模型を4月中旬に販売予定
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     シリーズ最新作『Star Wars バトルフロント II』ビハインド映像が公開 (2017-07-21 16:59)
     銃火器キットシリーズ「リトルアーモリー」figma第2弾、可動フィギュア『椎名六花』が2018年2月に新発売 (2017-06-30 19:37)
     中国のLEGOコピー企業がダーイシュ(IS)の蛮行を模した製品を輸出 (2017-06-21 13:14)
     実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)
     日米の巨大ロボット、「クラタス」vs「Megabots」の対戦が2017年8月に決定 (2017-04-10 18:29)
     Weapon762が「PVS-31」のダミー模型を4月中旬に販売予定 (2017-03-21 13:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop